【横浜コロナ】「聖マリアンナ医科大」の関係者が6人感染!! 陽性患者を搬送した救急隊員も。。

※画像はイメージです

感染が判明した「聖マリアンナ医科大」の関係者6人のなかに、陽性患者を搬送した救急隊員も含まれているといいます。

コロナウイルスに感染した患者に対応する医療関係者は救急隊員にいたるまで、気を抜くことは出来ませんね。

感謝の他に言葉は見つかりません。

 

感染者の情報や行動歴を見ていきます。

 

感染報道について

感染者が出たとの報道内容をみていきます。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、横浜市は11日、感染が判明している80代男性が死亡した、と発表した。院内感染が起きている聖マリアンナ医科大横浜市西部病院(旭区)に別の疾患で入院し、2日に発症した。また同病院に勤務する看護師2人を含む男女6人の感染が新たに確認された。4人は感染経路が不明という。

 これで同病院の感染者は患者33人、職員27人の計60人、死者は10人となった。

 また6人のうちの1人は、瀬谷消防署救急隊員の30代男性で、2日に転院する陽性患者を搬送し、当直勤務明けの7日午後に発熱した。市消防局は一緒に搬送した隊員2人を自宅待機にしている。

引用:https://this.kiji.is/632510424258528353?c=626016390609077345

 

このような報道がされています。

 

 

感染者の情報は?

「聖マリアンナ医科大」で確認された感染者の情報をわかりやすくまとめてみました。

聖マリアンナ医科大の感染者情報

感染者:看護師2人を含む男女6人
感染経路:4人が感染経路不明となっています。
※同病院の感染者は、これまでで患者33人・職員27人の計60人です。(亡くなった方は10人です)
※また、6人のうちの1人は瀬谷消防署救急隊員の30代男性で2日に転院する陽性患者を搬送し当直勤務明けの7日午後に発熱したといいます。
市消防局は一緒に搬送した2人を自宅待機にしています。

 

同居家族・濃厚接触者の情報については今のところ分かっていません。

 

 

症状歴・行動歴は?

感染された方の症状歴・行動歴は今のところ分かっていません。

ですが、救急隊員については2日に陽性患者を搬送し7日午後に発熱症状が出たことがわかっています。

 

 

一言コメント

このコロナウイルスは、本当にちょっとした隙に感染してしまうのですね。

万全と思うほどの対策をしていても、感染してしまう恐れがあるようです。

 

目に見えないウイルス。やっかいなウイルスにおびやかされる毎日です。

 

 

 

横浜市とは!?

横浜市の人口は約375万人です。

横浜港は東京港・名古屋港・大阪港・神戸港と共に貿易の一大拠点です。

現代では首都圏的な先進性の中にも自然環境と異国情緒が残る「オシャレで海が近い街」というイメージを持たれています。

 

このような場所となります。

詳細な情報はプライバシーの観点から公表はされない可能性が高いかと思います。

 

みんなの声は?

 

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

救急隊員には申し訳ないが、コロナ症状が出て、保健所の対応が悪かったら迷わず救急車を呼ぶべき

 

もう一度スタジアムで ともに歌える日を 楽しみにしてます

 

「悪化すれば救急車」という言葉が飛び交いすぎて救急の分野が崩壊しているのだと思います。

 

最前線の方々が感染。これ以上医療従事者に負担をかけない為に一般の人が感染リスクを減らすのが大事。

 

神奈川県から 【体温計の寄付のお願い】 のLINEが来た。 無症状や、軽症者が宿泊する アパホテルで使用する為だそうです。 寄付できる余分な体温計を 探してみるけど もし、自分がお世話になる事があったら 持参することにします。

 

 

まとめ

横浜市の感染者の情報でした。

最先端で新型コロナウイルスと闘ってくれている医療従事者の方々には

本当に頭が下がります。

誰だって怖いのに。。

また、病院などでは感染もしやすいし、クラスターも起きやすい環境下にあると思います。

そして入院患者さんたちの感染も非常に心配です。

 

これ以上の感染拡大が、もう起きませんように。

少しずつでも感染者が減少しているようですので

感染者0人に向かって、わたしたちも頑張るのみですね。

すべての人のために。。

 

感染された方が1日も早く回復する事を願います。

 

 

 

 





おすすめの記事