【山梨コロナ】続報! 山梨へ帰省中の女性。検査結果を待たずに帰京はウソ!?

※画像はイメージです

都内の20代女性が山梨県へ帰省した際に、味覚異常などの症状が続くことからPCR検査をし、その結果を待たずに高速バスで帰京したという情報は

偽りのようでした。

ネット上では、結果を待たずに帰京したということで、厳しいコメントが多々ありました。

でも、事実はそうではなかったというのです。

 

※PCR検査の結果を待たずに帰京したという記事はこちらです。

 

感染者の情報や行動歴を見ていきます。

 

感染報道について

山梨県へ帰省後、PCR検査を受け結果を待たずに帰京したという事実には偽りがありました。

その報道は下記の通りです。

 

県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。

 ところが、この日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。

 PCR検査陽性の結果は同日午前9時ごろ、保健所から本人に伝えられており、女性は陽性を知りながらバスに乗ったことになる。

 特別チームは「陽性であることを知りながら公共交通機関を利用したことや、事実と異なる説明をしたことは非常に残念だ」としている。県は改めて、同じバスの乗客で健康に不安がある人は保健所に相談してほしいと呼び掛けている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200503-00000515-san-hlth

 

このような報道がされています。

 

 

感染者の情報は?

山梨県で確認された感染者の情報です。

県内55例目
年齢:20代
性別:女性
職業:会社員
住所:山梨県(帰省中でした)

同居家族・濃厚接触者の情報は今のところ分かっていません。

 

 

女性の行動は?

東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルスに感染が確認された問題で

帰京したのは検査結果を待たずに1日の夜に高速バスで帰京したとなっていましたが、実際に帰京したのは陽性判明直後の2日朝の便だったというのです。

女性は保健所に虚偽の説明をしたとしています。県は3日に訂正をしました。

 

検査陽性の結果は、保健所から直接本人に伝えたということです。

女性が保健所に虚偽の説明をしていたといいます。

 

山梨県の特別チームは「陽性であることを知りながら公共交通機関を利用したことや、事実と異なる説明をしたことは非常に残念」としています。

県は改めて、同じバスの乗客で健康に不安がある人は保健所に相談して欲しいと呼びかけています。

 

一言コメント

どうして、このようなことをしてしまったのでしょうか?

本人でなければ、何もわかりません。

陽性と知っていたのに行動してしまったこと、本当に残念ですね。

 

 

 

 

山梨県とは!?

山梨県の人口は約811000人です。

富士山の北側斜面と登る道があり、年間何十万人もの人々が訪れます。


このような場所となり詳細な場所についての情報は出ていません。

詳細な情報はプライバシーの観点から公表はされない可能性が高いかと思います。

 

みんなの声は?

https://twitter.com/machi_ko_185/status/1256822163375456257

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

山梨の帰省コロナの家ヤバいだろうな…。家から出ないならまだしもBBQって。

 

山梨の帰省の件。
検査結果が陽性だったら、田舎という土地柄もあり音速で近隣住民に知れ渡り家族もろとも白い目で見られるので、今のうちに東京に帰ろう!
・・というような経緯で、結果を待たずに帰ったのかなぁ・・と推測してたんだけれど・・・これはあまりにも自己中の上塗りが過ぎる・・

 

危機感のないだいぶアレな人が多いみたいよ。
沖縄行っちゃう人や山梨帰省しちゃう人や山で遭難しちゃう人や北海道帰省しちゃう人とか…笑

 

我慢してる人からしてみたら、本当に腹立たしいことだもん。

 

こんな時に嘘つく??

医者から自宅待機してろ言われて
そんなときに山梨に帰ってきて友達と遊んで コロナに感染してましたで東京に帰るとか

 

 

まとめ

山梨県の感染者の情報でした。

さらに、ネット上の声は厳しさと増しています。

 

いったい、どうなっているんでしょうか。

 

これ以上の感染拡大を防ごうと、みんなが頑張ろうとしている時期です。

山梨県の女性の方もこれからは一緒に頑張りましょう!

 

感染された方が1日も早く回復する事を願います。

 

 

 

 





おすすめの記事