【山形コロナ】検温拒否!? 山形空港で2名に拒否されたって・・

※画像はイメージです

山形県では来県者に対する検温を始めました。検温は県職員が実施しています。

感染が拡大する中、効果が期待されます。

しかし、山形空港で2名が検温拒否をされたという報道もあります。

 

 

 

県外との往来を控えてもらう抑止効果・・

山形県の取り組みは、確かに県外との往来を軽減し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的としては期待されるのではないでしょうか。

 

検温は県職員らが実施。24日までの試行期間中、山形、米沢両駅と山形、庄内両空港、山形自動車道の山形蔵王PAなどで続ける。非接触型の検温計や、体温を感知するサーモグラフィーを使い、来県中の慎重な行動を促すリーフレットも配る。

 山形蔵王PAでは18日午前、車が次々と検温場所に誘導され、マスクやフェースシールドを着けた県職員が対応に当たった。宮城県内で仕事を終え、車で帰宅中だった会社員山田剛さん(52)は「こういう前向きな姿勢は非常にいいと思う。連休に入る前や連休中にぜひともやってほしい」と取り組みを評価した。

 25日からは、検温場所を追加した上で本格実施する方針。トラックやバス運転手は対象外とする。

 吉村美栄子知事は14日の記者会見で「県外との往来を控えてもらう抑止効果につながることを期待している」と、検温を実施する意義を語った。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200418-00000034-jij-soci

このような報道がされています。

山形県では4月18日現在60人の感染が報告されています。

 

検温はどこで実施?

山形県での検温対策をわかりやすく下記にまとめてみました。

 

検温場所と検温方法
検温期間:4月18日から5月10日まで
検温場所:高速道路のPA・主要な駅・空港など
試行期間:4月24日まで 山形・米沢両駅 山形・庄内両空港 山形自動車道の山形蔵王PAなど
方  法:非接触型の検温計や体温を感知するサーモグラフィー
その他 :来県中の慎重な行動を促すリーフレットの配布

 

※発熱がある人に対し自宅や訪問先での待機を要請しますが、検温や待機要請に法的拘束力はありません。

 

 

山形蔵王PAでの様子・・

山形蔵王PAでは18日午前、車を検温場所に誘導し、マスクやフェースシールドを着けた県職員が対応にあたりました。

 

 

一言コメント

新型コロナウイルスの感染の報道も長い期間されています。

だんだん身近に迫ってきた感じもあります。それと同時に気のゆるみもあるかもしれません。

あらゆるところで、考えられる対策を講じています。

なにが功を奏するかは誰にもわかりません。

山形県の取り組みが、抑止効果が発揮でき成功するよう応援したいと思います。

 

 

山形県とは!?

山形県は隣県である秋田県同様に県全域のおよそ90%の地域は特別豪雪地帯です。

人口は約107万5000人になります。


また、蔵王スキー場は針葉樹が雪に覆われて「スノーモンスター」とも言われる樹が造られることで有名です。

 

みんなの声は?

 

 

 

 

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

山形の空港で到着便に2名乗ってて2名ともに検温拒否されたって・・それは発熱してるって事?

 

山形空港で検温拒否した奴らがコロナにかかったら、医療を拒否しよう。

 

『人が動かなければ、コロナに歩く足はない』

 

山形県続々と休校延長が決まってますね。この調子で全校休校を。、というか全国休校を。。

 

みんな気を付けて

 

 

まとめ

多くの人の知恵が、努力が、日本を救うんですね。

わたしにできること・・

やはり基本に忠実に。。でしょうか!

家にいよう!! ですね。

 

 

 





おすすめの記事