【高橋政代研究センター長】iPSで「網膜色素変性症」治療年内にも最初の移植手術が!

※画像はイメージです

人工多能性幹細胞(iPS細胞)から目の網膜のもとになる細胞を作り、
網膜色素変性症」という難病の患者に移植して治療する
神戸市立神戸アイセンター病院の臨床研究計画について、厚生労働省の作業部会は11日、実施を了承した。
年内にも最初の移植手術が行われる見通し。

この報道の内容を見てゆきます。

 

報道の概要

下記内容で産経新聞社によって報道されました。

人工多能性幹細胞(iPS細胞)から目の網膜のもとになる細胞を作り、「網膜色素変性症」という難病の患者に移植して治療する神戸市立神戸アイセンター病院の臨床研究計画について、厚生労働省の作業部会は11日、実施を了承した。年内にも最初の移植手術が行われる見通し。

 網膜色素変性症は視野が狭くなり、視力低下や失明につながる進行性の病気。

目が感じた光を電気信号に変える網膜の視細胞が徐々に死滅し、失われる。
遺伝的要因で発症するとされ、根本的な治療法は確立されていない。
国内患者数は約4万人で増加傾向にある。  

計画によると、対象は20歳以上でほぼ視力を失った重い患者2人。
京都大が健康な人から作って備蓄しているiPS細胞を使い、視細胞のもとになる細胞を作製。直径約1ミリのシート状に加工して患部に移植し、正常な視細胞に成長させ、光を感じられるように改善を目指す。
移植後、1年間にわたる経過観察で安全性や有効性を確認する。  

同病院には計画の事前審査を行う機関がないため、昨年11月に大阪大の有識者委員会に審査を申請。
2月に了承されて同月、
厚労省に申請していた。
計画を主導する同病院の
高橋政代研究センター長は、理化学研究所のプロジェクトリーダーだった平成26年、「加齢黄斑(おうはん)変性」という別の網膜の病気の患者にiPS細胞を使った世界初の移植を実施した。
iPS細胞を使って目の病気を治療する研究は、大阪大も昨夏、角膜が濁り視力を失う「角膜上皮幹細胞疲弊症」の患者に移植を実施。同病院で実施されれば3つ目の病気となる。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/a74207ea41a70a664af61166ff7295a7c38051fc

このような報道がされています。

 

 

高橋政代研究センター長とは?

ES細胞からの神経網膜の分化誘導(世界で初めて成功)
iPS細胞由来網膜色素上皮細胞移植による加齢黄斑変性治療(世界初となるiPS細胞の臨床研究)

高橋 政代
年齢:1961年6月23日(58歳)
性別:女性
研究分野:眼科学、再生医療
居住:日本、アメリカ
影響を受けた人:マリ・キュリー(幼少時の憧れ)、高橋淳(夫、留学にあたって)、笹井芳樹(ES細胞との出会い)、山中伸弥(iPS細胞との出会い)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 

 

広がるiPS臨床研究 年内にさらに5件の移植計画

iPS細胞を使った再生医療の臨床研究は、年内にさらに5件の移植手術が計画され、対象が大きく拡大する見通しだ。と
下記報道が産経新聞社から報道されています。

iPS細胞を使った再生医療の臨床研究は、年内にさらに5件の移植手術が計画され、対象が大きく拡大する見通しだ。慶応大の脊髄損傷と京都大の軟骨損傷の移植は既に国の承認を得ており、準備が進んでいる。

慶大チームはiPS細胞から神経のもとになる細胞を作り、脊髄の神経が傷付き手足の運動機能を失った脊髄損傷患者に移植し、運動機能の回復を狙う。

京大チームは膝関節の軟骨を損傷した患者に、iPS細胞から作った小さな軟骨組織を移植して痛みの緩和を目指す。いずれも京大が備蓄しているiPS細胞を利用する。

一方、別の京大チームは患者自身の血液からiPS細胞を作り、血液を固める働きがある血小板を作製。血小板が減って出血しやすくなる再生不良性貧血の患者に輸血する。

心不全患者への移植では、大阪大とは別に、慶大が心筋細胞を球状に加工して移植する手法について国への申請を準備している。網膜色素変性症という目の難病の患者に、網膜のもとになる細胞を移植する神戸アイセンター病院の計画も同様の段階にある。

引用https://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/200127/lif20012719430027-n1.html

 

 

 

網膜色素変性症とは!?

網膜色素変性症は目の中にあってカメラでいえばフィルムに相当する網膜という膜に異常をきたす
遺伝性、進行性の病気です。網膜は光を神経の信号に変える働きをします。
そしてこの信号は視神経から脳へ伝達され、私たちは光を感じることができるわけです。

網膜には色々な細胞が存在していてそれぞれが大切な働きをしていますが、
網膜色素変性症ではこの中の視細胞という細胞が最初に障害されます。
視細胞は光に反応して光刺激を神経の刺激すなわち電気信号に変える一番最初の働きを担当しています。

この視細胞には大きく分けて2つの種類の細胞があります。
ひとつは網膜の主に中心から少しずれた部分に多く分布している杆体と呼ばれるもので、
この細胞は主に暗いところでの物の見え方とか視野の広さなどに関係した働きをしています。

もうひとつは錐体と呼ばれるものでこれは網膜の中心部である黄斑と呼ばれるところに多くに分布して、
主に中心の視力とか色覚などに関係しています。
網膜色素変性症ではこの二種類の細胞のうち杆体が主に障害されることが多く、このために暗いところで
物が見えにくくなったり(とりめ、夜盲)、視野が狭くなったりするような症状を最初に起こしてきます。
そして病気の進行とともに視力が低下してきます。

また一口に網膜色素変性症といっても原因となる遺伝子異常は多種類になると考えられていますので、
それぞれの遺伝子異常に対応した網膜色素変性症の型があるためそれぞれの型の症状も多彩です。
たとえば最初に錐体が障害されて視力が低下し後になって徐々に夜盲をきたす方もいます。

引用http://sugiura-gannka.com/eye/eye5.html

 

 

みんなの声は?

Twitterの声は

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

緑内障も視神経に圧がかかることにより徐々に
視力や視野に異常が出てくるのでこの治療が
成功することで回復させる事ができるのかと
素人ながら期待してしまいます。
自分は若年性で緑内障と診断されてから15年経過し進行は徐々に進んでます。ぜひとも成功されることをお祈りしております。

 

日本の再生医療は、山中伸弥先生の大車輪の活躍に、今後とも大いに期待したい。

あと、日本の新型コロナ感染抑制の「ファクターX」なるものも、是非とも突き止めていただきたい。

いずれにせよ、国の全面的なバックアップが、必要不可欠なのは間違いない!

 

家族が緑内障で阪大に通院する前、このアイセンターにも行った事があります。
どうかIPSの再生医療が緑内障にも明るい兆しでありますように。
緑内障に限らず、全ての難病患者の希望となりますように。
再生医療に希望を持って頑張ってる患者がたくさんいます。

 

これが発展したら失明した方の目も復活するのかな?

私たちの不親切のせいで駅のホームなどで事故で亡くなった方々を想います。

この研究の成功と発展に祈りを捧げたいと思います。

 

日本もこの再生医療技術に力を注ぐべきだ、なんで山中教授が資金集めに奔走しないといけないの?もしもこの医療が成功すれば患者は
国内はもとより全世界に広がる。適正価格で治療薬なり売れば外貨獲得とあと本人、家族、友人を巻き込んで感謝されるだろう。
この感謝がすごく大事。
しかし、いまいち日本政府は関心なく、その代わり中国が大資金を投入していて先は越されるだろう。中国は積極的にがっつり儲けようとしている。
発見者は日本人、実用は中国では切ないだろ。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/a74207ea41a70a664af61166ff7295a7c38051fc

 

まとめ

 網膜色素変性症は視野が狭くなり、視力低下や失明につながる進行性の病気。

網膜色素変性症」という難病に改善改善に
iPS細胞を使った再生医療が現実かされる時が

近づいてきました。

 

 

 

 





おすすめの記事