【癌】「座りすぎ」でがんのリスク増加、座る時間を少なくする事の重要性について!

※画像はイメージです

長い時間座り続けているとがんのリスクが高まる可能性があるとの研究結果が医学誌JAMAで発表された。

「動かないこととがんによる死亡の間に強い関連が明らかにみられた最初の研究だ」と述べた。

この報道を見てゆきます。

 

概要

CNN.co.jpにて下記のような内容で報道されました。

 

(CNN) 長い時間座り続けているとがんのリスクが高まる可能性があるとの研究結果が医学誌JAMAで発表された。

 報告書の主筆で、米テキサス大学MDアンダーソンがんセンターでがん予防に携わるスーザン・ギルクリスト准教授は「動かないこととがんによる死亡の間に強い関連が明らかにみられた最初の研究だ」と述べた。
一方で、少なくとも30分間の肉体的な運動と置き換えることで、リスクを低減できるとしている。

ギルクリスト氏は「我々の研究は、座る時間を少なくし、動く時間を増やすということの重要性について補強するものだ」と述べた。

研究では2009年から13年の間、約8000人の参加者に起きている時間について7日間連続で追跡装置を装着してもらった。
調査開始時でがんをわずらっていた参加者はいなかった。

参加者は全員、2003年から07年に行われていた3万人の45歳以上の米成人を対象に行われていたより大規模な脳卒中に関する研究にも参加していた。
5年間の追跡調査を行い、研究者は、最も座りがちな人々は、年齢や性別、疾病状態を勘案しても、最も座らない人たちと比較して、がんで死亡するリスクが82%高いことを発見した。

先に行われた研究では健康的な食事や運動、禁煙といった健康的なライフスタイルを選ぶことで、
がんによる死は50%以上予防可能だということが示されている。
しかし、座ることとがんについて、過去の研究では自己申告であり客観的なデータではなかった。

今回の研究では追跡装置を装着することで、より正確に運動が及ぼす影響について推計することができた。

研究では、座っている時間30分をウォーキングなど軽度な運動に置き換えることでがんになるリスクを8%軽減できることがわかった。中度の運動でも31%リスク軽減につながるという。

引用https://news.yahoo.co.jp/articles/36e7da07873e738da42891083985e18c472d756f

 

座る時間を少なくし、動く時間を増やすということで癌のリスクを低減できる

スーザン・ギルクリスト准教授は
「動かないこととがんによる死亡の間に強い関連が明らかにみられた最初の研究だ」と述べた。
一方で、
少なくとも30分間の肉体的な運動と置き換えることで、リスクを低減できるとしている。

 

 

最も座らない人たちと比較して、
がんで死亡するリスクが82%高いことを発見した。

5年間の追跡調査を行い、研究者は、最も座りがちな人々は、年齢や性別、疾病状態を勘案しても、
最も座らない人たちと比較して、がんで死亡するリスクが82%高いことを発見した。

先に行われた研究では健康的な食事や運動、禁煙といった健康的なライフスタイルを選ぶことで、がんによる死は50%以上予防可能だということが示されている。

しかし、座ることとがんについて、過去の研究では自己申告であり客観的なデータではなかった。 今回の研究では追跡装置を装着することで、より正確に運動が及ぼす影響について推計することができた。

研究では、
座っている時間30分をウォーキングなど軽度な運動に置き換えることでがんになるリスクを8%軽減できることがわかった。
中度の運動でも31%リスク軽減につながるという。

 

テキサス大学MDアンダーソンがんセンターとは

テキサス大学MDアンダーソンがんセンター(The University of Texas MD Anderson Cancer Center) は、テキサス州ヒューストンのテキサス医療センター内にある、の治療、研究、教育、予防を専門とする大規模がんセンターである。

設立は約60周年を迎え、優秀なスタッフを育て、優れたプログラムを活用し、癌研究において世界の中心となるべく努力している。 そのミッションは癌を撲滅することである。センターは、3つの精神、「思いやり」、「誠実」、「発見」の理念に基づき16,000人以上のスタッフ及び1,600人以上のボランティアが癌を克服するために働いている。

医師およびスタッフ

MDアンダーソンがんセンターの医師たちは、癌治療の国際的なリーダーとしられている。過去にも数多くの治療が開発されており、米国内において、最も多くの癌患者を診察している。また、センターでは様々の最新の診断、治療、予防を行っている。

医学専門誌に発表されている最新の治療法をも導入し優れた治療結果を出す努力をしている。センターの癌専門医は癌患者のみを対象に診察しているので、身体的な面だけではなく精神面に対する深い理解もある。

アンダーソンがんセンターの医療チームは癌の根絶をミッションのために最も革新的な治療法を提供し続ける努力をしている。事実、センターは、癌予防のための新薬臨床試験の先駆的な参加医療機関となっております。これまでに癌と関連する特定の遺伝子を発見したほか、この遺伝子の研究に基づいて有望な治療方法を開発している。研究者は、効果が高く且つ副作用が少ない治療法の研究を続けています。そしてもっともアンダーソンがんセンターが最も考慮している点は、病気だけでなく、患者の総てをケアすることである。

MDアンダーソン癌センターでは癌治療に幅広い選択肢を提供するをしている。その選択肢の判断は従来のように主従医のみが行うのではなく、患者に十分な説明を行った上で治療法の決定に参加させる。率直に話し、質問し、自分の意見を発することにより、自分自身に主体性を持つこと、それが癌治療における最良の対処方法と推進している。

医療スタッフは常に様々な患者の質問および疑問に答え、統計データを説明し、患者を勇気付けながら、様々な資料を使用して最新の診断および治療の説明を行う。また、形成外科、リハビリテーション、再発予防の分野は大きく進歩し最新の治療に取り入れられている。新しく当センターに来院される患者に対しては、短期ならびに長期の治療による影響を最小限に抑えながら最も効果的な治療を行うことを最終目標としている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

引用https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

 

ネットの声

ネットの声も見ていきます。

以前から座っている時間が長いことへのリスクは数々報告されています。長時間座っていることにより、第2の心臓と言われている大腿部の血の流れが悪くなるからだろう。30分に1回、立ちあがって約2分間ほど軽い運動をするだけでも軽減されると言われている。デスクワークの多い仕事は特に要注意だとも報告されていた。気になる方は、ググればいろいろ出てくると思います。全てを鵜呑みにはできないけど、情報として知っておいてリスク回避に役立てるのは良い事だと思います。

 

座りすぎでガンになるリスク増加かー。だけど、デスクワークの人なんて、座りすぎと言われても、座らないと出来ないしなー。また、座りすぎというか、同じ姿勢を続けなければならない仕事、例えばバスやタクシーの運転手はエコノミー症候群になるリスクもあるので、定期的に体勢を変えた方がよい。

 

何のガンか書いていないけど、最近日本で急速に増えている大腸ガンのリスクと運動しない事はもろに直結しているんじゃなかったっけ?でもただの座り過ぎで例えば肺ガンのリスクが上がるとは思えないから個別にも出して欲しいね。
まぁ、人間は構造上歩く設計になってるのに座りっぱってのは、あちこちダメージ入りそうだとは思う。

 

ずっと同じ姿勢など、極端なことをするなという意味かもしれませんね。がんに限らずですが、立ちっぱなしでも別の病気のリスクもあるでしょうし、座りっぱなしは運動不足や姿勢が悪くなるし、同じ座るにしても姿勢が良ければまたリスクも違うでしょうから。一時間に一度、学生のようにちょっと休んで、トイレにでも行って伸びでもするだけでも、ずっと同じままよりマシな気もします。

 

引用https://news.yahoo.co.jp/articles/36e7da07873e738da42891083985e18c472d756f

 

Twitterの声は?

Twitterの声は

 

 

まとめ

  • 「座りすぎ」でがんのリスク増加、追跡装置で客観的に調査に成功
  • 最も座らない人たちと比較して、がんで死亡するリスクが82%高いことを発見した。
  • 座っている時間30分をウォーキングなど軽度な運動に置き換えることでがんになるリスクを8%軽減できることがわかった。
  • 中度の運動でも31%リスク軽減につながる。
  • 座りすぎに注意!ちょくちょく運動を取り入れて癌のリスクを下げましょう。

 





おすすめの記事