【STAY HOME】フィギュアスケーター羽生結弦選手が動画を披露!日本スケート連盟の公式ツイッターで!

※画像はイメージです

フィギュアスケートの羽生結弦選手が、日本スケート連盟公式ツイッターの動画で2011年からこれまでのプログラムの振付を披露しています。

新型コロナウイルスの影響で大変な思いをしている人たちを励まそうと。。

 

日本スケート連盟より・・

日本スケート連盟が新型コロナウイルスの影響で大変な思いをしている人たちを励まそうとメッセージ動画を公開しています。

 

 

日本スケート連盟は新型コロナウイルスの感染拡大で大変な思いをしている人たちを励まそうと先月から公式ツイッターで選手たちのメッセージ動画を公開しています。

6日公開された羽生選手の動画は3つに分けられ、合わせて5分余りの長さです。

室内で撮影された映像で、黒いジャージ姿の羽生選手は冒頭で「2011年3月11日から今までの僕とプログラムたちの道のりです」と述べて、17曲の振り付けを1つずつ披露していきました。

そして2大会連続の金メダルを獲得したおととしのピョンチャンオリンピックやことし2月の四大陸選手権などで演じた「SEIMEI」で締めくくりました。     引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200506/k10012419381000.html

 

 

6日に公開された羽生結弦選手の動画

羽生結弦選手の動画は3つに分けられています。

合わせて、5分余りの長さです。

 

 

 

 

 

インスタの反応

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

How cute! #羽生結弦 #yuzuruhanyu #hanyuyuzuru #yuzuru #hanyu #yuzu #japan #japanesefigureskater #figureskating #japanese

Yuzuru Hanyu 羽生結弦(@yuzuruhanyu_1994)がシェアした投稿 –

Twitterの声

 

 

 

 

プロフィール

羽生結弦選手は1994年12月7日に宮城県仙台市に生まれました。

名前の由来は「弓の弦のように凛とした生き方をしてほしい」と父親が命名したといいます。

2歳の頃から喘息の持病があり、スケートを始めた目的のひとつに喘息を克服することがあったそうです。

 

縁起前に必ず行う胸の前で十字を切るような動作は、「士」の形を描いていて「ジャンプの回転軸と両肩を平行に保つ意識を確認するためのおまじない」なのです。

 

羽生選手が理想とする王者像はプルシエンコであり「彼のような存在になれるように努力していきたい」と語っています。

 

羽生選手は「いつも変わらないあの表情をみるとリラックスできる」とプーさんを好んでいるそうです。

 

 

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

言葉がなくても伝わるものがある…ってまさに芸術家ですネ

美しいものを美しいと感じ取る心がすさまないようにしたいです
ああ、その為にも早く終息させたいですね

 

あー、フィギュアの動きがない分、すごさがわかるよね。 ネコは随意筋の数が人間より多いのでしなやかに見えるらしいのだけど、そんな感じ。ネコ。

 

演技序盤から観客を惹き込む振り付けがされているんだなと再認識。 次々と現れては消える羽生が見られるなんて贅沢

何て素晴らしいアイディア

 

きゃー!色々考えてくださったのですね😭豪華3本立て✨ファンにはたまらない自粛のご褒美ですか?本当に嬉しいよー! ありがとーー!ありがとーー!羽生くん

 

氷上じゃなくても素敵

 

 

 

まとめ

羽生選手とて人間。

リラックスできるプーさんが好きだなんて、親しみを感じてしまいますね。

強さだけで、近づきがたい・・ということはないんです。

人気があるわけです。

これからのますますのご活躍を期待しています。

 

 

 

 

 





おすすめの記事