【サザエさん】新作の放送休止! 5/17からは当面の間、再放送! 増岡弘さん(マスオ)も登場!

※画像はイメージです

声優のお仕事も密閉空間での収録なんですね。

3密の条件をすべて満たす空間になってしまうようです。

しかも、声優陣もご高齢者が多くなっているとの事です。

 

ここにも、コロナの影響が。。。

 

 

 

 

報道では・・

報道内容をみていきます。

 

今回は新型コロナの感染リスクの高いアフレコ収録ができなくなったため。サザエ役の声優加藤みどり(80)は、先月4日に出演したラジオで「(同番組が)無期限録音中止になっちゃった」と明かしていた。関係者も「密閉空間に多くの声優が集まって収録を行うアニメの現場は“3密”の条件を全て満たす。声優陣も高齢者が多く、やむなくの決断となった」と明かしている。

 今回再放送されるのは、2年前の18年5月27日に放送された「夫婦は以心伝心」「宿題ちゃん、こんにちは」「父さん危機一髪」の3作。今年3月21日に直腸がんのため亡くなった声優の増岡弘さん(享年83)もマスオ役で出演している。引用:https://news.livedoor.com/article/detail/18238162/

 

このようになっています。

 

報道を詳しく見ていきます

「サザエさん」が再放送となるのは1975年以来で45年ぶりとなります。

17日の放送分から当面の間、再放送となることが決定したそうです。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、新作の制作が困難になったというのが理由です。

※第1次オイルショックの影響で75年に1ヶ月間、新作の放送がストップしたことがありました。

この時は、制作費用の高騰が原因でした。

 

恒例の ”じゃんけん” は?
オープニングは現在の「東京バージョン」が放送されるといいます。
そして番組ラストの ”恒例じゃんけん” は当時放送されたものとは別の素材を使用する予定となっています。

 

 

 

Twitterでは・・こんな声が!

 

 

 

 

 

Twitterでは・・こんな声も!

https://twitter.com/coni80520905/status/1258993981037281281

 

 

 

 

 

プロフィール

「サザエさん」の作者は長谷川町子さんです。

発表期間は1946年4月22日~1974年2月21日までとなっています。

話数は6477話(単行本未収録を含むと6500話以上)です。

掲載は夕刊フクニチ⇒新夕刊⇒夕刊朝日新聞⇒朝日新聞朝刊でした。

いわゆるストーリー漫画ではなく、一貫した舞台・人物が登場する比較的独立したエピソードからなっています。

季節が移り替わっても登場人物は年を取らない形で、しかも新聞掲載の4コマ漫画らしく、時代背景を象徴する内容が多いのが大きな特徴です。

初期から中期にかけてはサザエさんとその家族および彼らの周辺人物たちの日常が主な題材でしたが、後期には主に社会風刺をネタにした作風が目立つようになっていました。

連載は1974年で終了しました。

引用:Wikipedia

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

再放送が45年ぶりって..そこまで毎週新作が生まれていたんだから #サザエさん のすごさが..

 

増岡弘さんだけでなく、永井一郎さん・麻生美代子さん・近石真介さん・高橋和枝さんなどかつての声優陣の作品も見てみたいものです。

 

サザエさん再放送しても分からないような気がする‥‥
再放送を放送するなら、火曜にやってたサザエさんの曲流してほしい ここにコピペ

 

『サザエさん』17日から再放送へ、“じゃんけん”は当時と別

 

どうせならふる〜いやつをやってほしいな

 

 

まとめ

人気長寿番組「サザエさん」

こうしてネット上で、過去を振り返ってみますと

スゴイ番組だということがよくわかりますね。

一種のあこがれの家族像なのかもしれません。

そのあこがれの家族像は昔も今も変わらないということでしょう。

だって、ずっと変わらない「サザエさん」が愛され続けているのですから。

 

早く新型コロナウイルスが収束して、変わらぬ日常が戻ってきて欲しいです。

 

 

 

 

 





おすすめの記事