【事故】11月24日、札幌市で乗用車が2つにちぎれ一部炎上する事故が発生! 山本竜也さん(19)が死亡! 電柱に激突か!?

※画像はイメージです

11月24日夜、札幌市で乗用車が大破し

乗っていた19歳の専門学校生:山本竜也さんが死亡しました。

 

乗用車は2つにちぎれ、何らかの理由で電柱に激突したとみられています。

 

報道を見ていきましょう。

 

 

事故の概要について

HBC北海道放送の報道を見ていきます。

 

24日夜、札幌市北区の道道で、乗用車が大破し、乗っていた19歳の男子専門学校生が死亡、1人がけがをしました。
24日午後11時半ごろ、札幌市北区篠路町拓北の道道112号線・伏古拓北通りで、乗用車が2つにちぎれ、右側の部分を路肩に残し、左側の一部が炎上しました。
この事故で、乗用車に乗っていた札幌市東区の専門学校生、山本竜也さん19歳が死亡、運転していた18歳の少年も体の痛みを訴え、病院で手当てを受けています。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/cb39d898d018528a34d093315aa1485010b6a485

 

 

このような報道となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

運転していた自分が助かって、助手席の友達が亡くなった。
この18歳の方は一生、引きずって生きていくことになる。

 

 

 

状況について

HBC北海道放送の報道によりますと・・

 

現場は、中央分離帯のある片側3車線の見通しの良い直線道路で、事故当時、路面は乾いていました。
警察は、道路沿いの電柱が折れ曲がっていたことから、乗用車が何らかの理由で電柱に激突したとみて調べています。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/cb39d898d018528a34d093315aa1485010b6a485

 

 

このように報道されています。

 

 

 

電柱がカッターナイフとなる程のスピードだったという事。
結果的に、運転席側が燃えずに助かったのか。
残った方は、逆なら良かったのにと思う時が来るでしょう。

 

 

 

 

 

札幌市北区篠路町拓北とは・・

 


 

このような場所となります。

 

 

 

 

 

 

 

みんなの声を見ていきます。

 

今時の車は限界が高く
勇気さえ有れば相当なスピードで
走れてしまうけど
それは車の性能であって
乗り手の能力では無いだよね
 
限界が高いと言う事は
超えた時に車は高い技術を乗り手に
要求するからねでも自分の能力と
勘違いしちゃうんだよね

 

 

本当にかっこいい運転は、事故を起こさない安全運転なんですけど…。
無茶をしたがる年頃だとは思いますが悲しいですね。

 

死亡した友人遺族からの賠償請求で一生かかって支払ってください。
あと車のローンや損傷させた公共物の弁償も支払ってください。

 

 

北海道在住経験10年以上ある者だが、事故らないだけで、危ねぇ~ヤツはたくさん居るよ。
とにかく巻き添えにならないこと。それにも限界はあるんだけどね。

 

 

みんなの声Ⅱ

ネットの声も見ていきます。

ここまで、ひどい壊れ方しているのに、運転していた少年の命が助かったのは奇跡。

 

こういう事故はだいたい運転手が助かって同乗者が亡くなるケースが多いように思う。
遺族がなんて思うか胸が痛む

 

無茶な運転されても
全くかっこいいと思わない。むしろ
同乗者に気を配ってくれるような運転の方は
とても素敵だなと毎度思います。

 

 

どれだけスピードを出せば、こうなるのだ
スピードを出そうと思えば、出せるが、限度を超えると、操縦不能になる

 

 

 

みんなの声Ⅲ

 

助手席はやはり怖いな
死亡率高い。
人の命を預かっているので安全に運転をしているけども助手席に人を乗せて居ること、今一度責任の重さを考えてみようと思う。

 

 

運転していたのは18歳・・・
で、助かって、
助手席の方が亡くなった。
なんとも痛ましい・・・。
しかし、この動画を見る限り、
尋常なないスピードで運転を誤ったのでしょうね。
とっさにハンドル切って、助手席側から突っ込んだのだろうか。

 

相当なスピードってことだろうな。
若い時はスピード出したくなるんだろうが
スピード出したところで何もカッコよくないんだよね。
だって出そうと思えばだれにでも出せるんだから。

 

 

 

助手席側が大破か。良く言うけど運転者はとっさに防御本能的に運転席を避けるように事故るみたいだよね。
その一瞬で本人は殺人犯になるんだけどね。

 

 

 

 

 

まとめ

運転手の命は助かり、同乗者が死亡!

とっさの時には、運転手は自分を守るようにハンドルを切る・・といいます。

この事故もそうだったのでしょうか?

どんな運転をしていたのかはわかりませんが

運転手の人は、きっと一生さいなまれていくことになります。

車が二つにちぎれる事故なんて、あまり聞いたことがありません。

想像を絶します。

 

誰でもハンドルを握ったら、自分だけではなく同乗者はもちろんのこと

人を巻き添えにするような事故を起こさないように責任のある運転を

するよう肝に銘じなくてはなりませんね。

 

 

 

 

 

 





おすすめの記事