【札幌コロナ】札幌市では北海道がんセンターで院内感染3名を含む計10名の感染者が確認!

※画像はイメージです

北海道がんセンターでの感染者は女性看護師3名です。

その他の感染者は20代から70代の男女です。

北海道の感染拡大も深刻です。

 

感染者の情報や行動歴を見ていきますが、詳細はまだ伝わってきていません。

 

感染報道について

札幌市で女性看護師3名を含む10名の感染者が出たと報道で明らかになりました。

札幌市白石区の国立病院機構北海道がんセンターでは20代2人と50代の女性看護師の3人の院内感染とみられる事例が確認されました。いずれも軽症です。

その他の7人の詳細は以下の通り。

30代女性会社員、50代男性会社員、60代男性、70代女性会社員、30代女性、20代男性会社員、60代自営業の男性。
 
 50代男性会社員は福岡県の滞在歴がありました。
 70代女性会社員は、重症で会話ができない状態です。
 60代自営業の男性は、すでに感染が確認されている60代無職の女性との濃厚接触者でした。

 札幌市の10人と北海道発表分、旭川市をあわせると、1日22人の感染が確認されていて、335例となります。

引用:https://news.line.me/articles/oa-uhbnews/d5837e411922?utm_source=Twitter

このような報道がされています。

北海道内での感染は335例となります。

 

感染者の情報は?

札幌市で確認された感染者の情報を以下にわかりやすくまとめてみました。

北海道がんセンターの女性3名
居住地:札幌市(3名)
年 齢:20代(2名)・50代
性 別:女性(3名)
職 業:看護師
発症日:4月13日(2名) 4月14日(1名)
※症状は軽症とのことです。行動歴・滞在歴は調査中です。

 

他7名
居住地はいずれも札幌市で海外渡航歴はありません。
20代男性会社員:症状は発熱・咳・呼吸困難・味覚嗅覚障害  4月2日発症
30代女性会社員:症状は発熱・咳・頭痛・全身倦怠感・関節痛・悪寒・味覚異常  4月11日発症
30代女性無職:症状は発熱・咳・呼吸困難・鼻汁・鼻閉・肺の痛み  4月4日発症
50代男性会社員:症状は発熱・咳・全身倦怠感   福岡県に滞在歴あり 4月2日発症
60代男性無職:症状は発熱・咳・咽頭通・全身倦怠感・関節筋肉痛  4月10日発症
60代自営業男性:症状は発熱・頭痛・関節筋肉痛  4月11日発症
70代女性会社員:症状は発熱・頭痛・全身倦怠感・食欲低下 重症、会話不可  4月8日発症

 

さらなる詳細は、明らかになってくると思います。

 

 

症状歴・行動歴は?

感染された方のくわしい行動歴は発表をまってのことになります。

ただ、70代女性会社員の症状が重症で会話ができない状態とのことで心配がつのります。

 

 

一言コメント

若い方からご高齢の方までの感染で、市民の方も安心していられない心境でしょう。

同居のご家族や会社の同僚たちの感染も懸念されます。

また、看護師さんの院内感染はただでさえ医療崩壊が懸念される中、不安が増します。

 

 

札幌市とは!?

札幌市の人口は約197万人です。


札幌市は全国の市の中で横浜市、大阪市、名古屋市に次いで4番目の人口を有しています。

日本最北の政令指定都市です。

だれでも知っている札幌ではありますが感染者の詳細な場所についての情報は出ていません。

詳細な情報はプライバシーの観点から公表はされない可能性が高いかと思います。

 

みんなの声は?

 

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

出来ない事を嘆くより 今できる事〜うつらない うつさないを実行して コロナ終息を願いましょう

 

さっきドラッグストアに行ったら、たまたま偶然会ったっぽいママ友みたいな人が店内で会話してて、その間、小学生くらいの子供がノーマスクで走り回ってるのみて唖然。

 

区役所に心温まる”匿名マスク”続々届く…計340枚「医療機関や保育所などで使用したい」

 

コロナが落ち着いたんなら、ぜひ北海道に来てください。

 

北海道の31事業所約260人”コロナ解雇”…求人も大幅減少「同じような仕事は難しい」

 

 

まとめ

札幌市の感染者の情報でした。

北海道の感染拡大は本当に深刻です。

はやく、北海道に多くの観光の人達が訪れますように。。

今は、感染された方が1日も早く回復する事を願います。

 

 

 

 





おすすめの記事