【熱中症に注意!】埼玉県では8月16日・17日で3人が死亡! 富士見市女性・寄居町男性・久喜市女性。 状況は?

※画像はイメージです

全国で猛暑が続いています。

心配される熱中症も各地で報道されています。

 

そんな中、埼玉県でも8月16日・17日で3人の死亡が

確認されています。

 

状況を見ていきます。

 

 

 

埼玉県の熱中症の概要

埼玉新聞の報道から見ていきます。

 

埼玉県は16、17日、熱中症とみられる症状で男女3人が死亡したと発表した。

今年の県内の熱中症とみられる死者は7人になった。
17日の熱中症が疑われる救急搬送は午後5時までに計143件で、年齢別は7歳未満1人、7~18歳未満6人、18~65歳未満55人、65歳以上81人で高齢者が半数以上を占めている。
程度別は死亡2人、重症5人、中等症53人、軽症83人。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/cbe4143a6a9498bf9be203ca89edf54dc5966228

 

 

このような報道となっています。

 

 

むしろ良くエアコン無しでいられるな。
今なんて窓開けて扇風機付けたって熱風が来るだけでむしろ水分奪われそうだし。

熱中症での搬送は中高年がほとんど。
もう昔の暑さとは質が違う事を認識しないとダメだよ。
電気代がとかエアコン苦手とか言ってる場合じゃない。

 

 

 

8月16日・17日の熱中症による死亡者の症例

埼玉新聞の報道を見ていきます。

(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/cbe4143a6a9498bf9be203ca89edf54dc5966228)

 

富士見市の女性(56)が16日午後1時20分ごろ、自宅寝室で倒れているところを母親に発見された。救急隊員が駆け付けた際、呼吸はしていたが意識障害があり、救急車内に収容後に心肺停止となった。エアコンや扇風機は使われていない状態だったという。

 

寄居町の男性(94)は17日午前6時45分ごろ、自宅2階寝室の床にあおむけに倒れているのを家族が発見し119番。救急搬送されたが搬送先で死亡が確認された。  男性は発見時、すでに心肺停止状態で、部屋の窓は全て閉まっていた。扇風機が2台動いていたが、エアコンは稼働しておらず、救急隊が到着した際、室温は30度以上あったとみられるという。

 

久喜市の女性(85)は、同日午前9時35分ごろ、トイレで意識がなく、座り込んでいるところを帰宅した家族が発見し、119番。搬送先の医療機関で死亡が確認された。女性宅は集合住宅の4階で、トイレの窓は締め切られていたという。

 

 

 

このように報道されています。

 

 

タレントの所ジョージさんが話されていましたが、作業中にクラッとするなと思ったら、既に動けないそうですね。

助けも呼べない・動けないが続いて、悪化して亡くなってしまうようですね。
熱中症は起こさない、起きても助かるように誰かの目があるところで作業/運動/活動する、それが大事なようですね。

 

 

みんなの声を見ていきます。

 

締め切った部屋だと二階は、昨日は35度ぐらいあがってました。
クーラーかけても、なかなか温度下がらず、部屋にいるだけで、
息苦しいと思う。暑くて、呼吸しにくい。
窓を開けてもなかなか、外気の温度が高いので、
下がらない。締め切った部屋で、扇風機なんて、卒倒して倒れる。
危険だと思う。

 

 

エアコンがあるのに使わないのは、宝の持ち腐れ。

もはや、宝と言う程の代物ではなく生活必需品だと思うけど、高齢者はまだまだ電気代が嵩むイメージなのかな…。
命には代えられない。

いつもは13時まわったくらいからか、出先から帰宅してからしか使用しないから、
朝から贅沢だなぁ~と思いつつも、電気代なんて命よりマシだし、
外出して散財するよりは良いやっと思い使ってる。

 

 

50代の娘を母親が発見かぁ〜。
年齢がいった方の母親じゃなく、娘の方。
わからないなぁ〜。
他人事じゃぁないなぁって、思う。

 

 

 

 

みんなの声Ⅱ

 

確かに高齢者で「エアコンは苦手で・・・」という人いるけど
エアコンとサーキュレーターをうまく併用して、体に直接風が当たらなくても部屋を涼しくすることもできるから、
誰かしら身近な人なんかがそのあたりを見てくれたらいいんだけどね。

 

 

加須市だが、一番暑い昼間に祖母の所に行ったら、窓は開いてたが扇風機のみで熱いお茶飲んでた。
エアコンも新しくしたのに冬寝る時寒いから使う程度。
昼間の室内温度は38℃超えてた。

 

実家の親も洗濯干したり、取り込む際にクラクラしたそうで、ベランダで短時間だとしても帽子かぶったり、
水分摂ってから作業始めることにしたらしい。
喉乾いた、って思ってからじゃ遅いとか。

 

 

 

 

ネットの声

ネットの声も見ていきます。

トイレはほんとに暑いです!トイレ入って用を足すだけでも汗だく。。

 

エアコン、サーキュレーター、扇風機、冷風機をつけてます。電気代より命落とす方がこわい。。

 

家でエアコンあるのに使わず熱中症で逝くのはバカバカしい。

 

エアコンあるのに我慢して使わない人に、説得しても無駄ですね。
他でいくらでも節約出来る事あると思いますが。

 

 

 

みんなの声Ⅲ

 

エアコンがないと生きて行けない時代になったというのに、70代の両親はどんなに暑くても、電気代がかかるだの、窓を開けて置けば風が入るからだの、かなりのエアコン嫌いです。
まぁ、高齢者は暑さや寒さを感じ難くなっているんだろうけど、いつ熱中症になってもおかしくない状態

 

 

他の方も言われていますが、高齢者は節約とかでは無く、エアコンは寒くかんじてしまうようです。
ご家族や関わる人達が温度計などを見せて、命の危険がある事を伝えてあげないときっとエアコンを使用しないと思います。
トイレを心配されて水分もあまりとらない人も多いです。

 

 

これだけ熱中症で死亡している高齢者がいて、しかも皆さんエアコンを使っていなかったって報道されていても締め切った部屋や扇風機だけで過ごすとか…もう、なんて言うか…

 

 

まとめ

熱中症で命を落とすのは、埼玉県だけではありません。

日本中どこでも、あり得る事故です。

 

エアコンなどを付けて、水分・塩分なども

適時摂取して、家族みんなで注意し、

無事にこの酷暑の夏を乗り切っていきたいと思っています。

 

特に、ご高齢者には特別の注意が必要なようです。

 

早く涼しくなるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





おすすめの記事