【エール】世帯視聴率21.5%! 番組最高を更新!!

※画像はイメージです

NHK朝の連続テレビ小説「エール」の視聴率がスゴイらしいです。

第29回(5月7日放送)の平均視聴率は21.5%。

第21回(4月27日放送)の21.3%を上回ったと言います。

 

「エール」の物語は・・

「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家:古山裕一と

その妻で歌手になる夢を追い続ける:音の、音楽と共に生きる夫婦の物語です。

 

※男性主人公の朝ドラは2014年後期の「マッサン」以来約6年ぶりです。

 

 

古山裕一と音のモデル

「エール」の主人公:古山裕一とその妻:音にはモデルがいます。

古山裕一は福島県出身の作曲家:古関裕而(こせきゆうじ)さんと、その妻:金子(きんこ)さんです。

古関裕而さんは、誰もが聞いたことがある全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」・プロ野球:阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」などを手掛けられた方です。

きっと、耳にしたことがあると思います。

 

 

インスタの反応

 

 

 

Twitterの声

 

 

「エール」の作品について・・

このドラマ「エール」の主演は窪田正孝さんです。

そして、妻を演じるヒロインは二階堂ふみさん。

東日本大震災から10年の節目を目前にして「福島を応援したい」との思いから企画されました。

福島出身の主人公には福島の偉人でもあり多くの応援歌を作った作曲家の古関裕而さんに着目したと言います。

作品名の「エール」は応援の意味です。

 

 

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

志村けんさんのお姿、大事に、大切に、観させて頂きます😢

 

実家を救うため、また、あととりのない権堂家も救うために大好きな音と、音楽を捨てたのに…、酷い。

 

海辺のシーンでうるうるしちゃいました😢♡

 

今みたいにメールとかではなく「手紙」を待つ時代に「愛」を感じます

 

毎朝8時を楽しみにしています。
生後1か月の息子がおり夜中泣き続けヘトヘトになっていますが、エールが始まるとやっと夜が明けたとホッとします。

 

 

まとめ

視聴者を魅了するドラマです。

現代にはないものを感じながらも、日本人の心に沁みわたる何かが

このドラマの中には息づいているようです。

この先も楽しみです。

コロナウイルスで疲弊している心にもエール(応援)が響きますね。(^^♪

 

 

 

 





おすすめの記事