【夏の甲子園】悲報!高校球児のあこがれ・夢 夏の甲子園中止か!? 20日に正式決定!!

※画像はイメージです

春の甲子園も中止でした。

夏の甲子園も中止の方向で最終調整されているといいます。

夏の全国高校野球選手権大会は過去に2度の中止がありました。

1918年の第4回大会・41年の第27回大会です。

高校球児も夏こそはと、期待していたと思いますが夢は崩れ去ってしまうのでしょうか。

 

その情報を見ていきます。

 

「夏の甲子園」は中止か?(20日に正式決定)

報道内容は下記の通りです。

 

中止になった場合、大会主催者は、都道府県高野連に対し、可能であれば地方大会に代わる公式戦を無観客で開催するように要望する見通し。すでに東京や三重などでは、代替大会の開催が検討されているが、本大会がなくなることで代替大会を8月下旬まで行えるようになり、準備期間を長く取れることになる。

 高野連では、代替大会の開催ガイドラインも作成中。春季大会が全国的に中止になるなど、準々決勝まで県大会を開催した沖縄以外は、今年は1試合も公式戦ができていない。「最後の夏だけでも3年生に試合をさせてあげたい」という声に応えられる可能性が高まる。甲子園がなくなっても、球児に晴れ舞台をつくるべく、できる限りの準備を進めている。

引用:https://hochi.news/articles/20200515-OHT1T50012.html?utm_source=dlvr.it

 

このような報道がされています。

 

 

第102回全国高校野球選手権大会の報道・・

報道の情報は以下の通りです。

第102回夏の甲子園
第102回全国高校野球選手権大会(8月10日開幕予定)を主催する日本高野連と朝日新聞社が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で同大会を中止する方向で最終調整に入っているとのことです。
今春のセンバツも中止になっている中、開催を求める声は現場・ファンからも上がっていますが、選手らの健康と安全を最優先したとみられています。
実に79年ぶりの中止となる可能性が大きいです。

 

 

開催に向けネックとなったのは・・

最もネックとなったのは、日程面のようです。

 

理由
関係者によりますと、緊急事態宣言が延長されたことが大きく影響しているようです。
大半の学校が3月から続いている活動休止によるブランクが延びる一方で、7月上旬から本格的に開幕する地方大会までの準備期間が短くなってしまったことが挙げられます。
感染をゼロには出来ないことから万全ではないコンディションでの開催は熱中症などの健康面での不安が強まります。
それと共に、甲子園と同時期に開幕予定だった全国高校総体と全日本大学野球選手権が中止を決めたことも大きい要因のようです。

 

 

一言コメント

選手の辛い顔が浮かんできます。

特に高校3年生は最後の夏になります。

あの熱戦が見られないかもしれないなんて。。

選手のほとばしる汗は、なにものにも代えがたい青春そのものですよね。

なにか、手立てはないものでしょうか。

 

 

 

 

中止になった場合は・・

中止になった場合は大会主催者は、都道府県高野連に対し、可能であれば地方大会に代わる公式戦を無観客で開催するように要望する見通しだそうです。

 

中止になった場合
すでに東京や三重などでは、代替大会の開催が検討されているといいます。
本大会がなくなることで代替大会を8月下旬まで行えるようになり、準備期間を長くとれることになるからです。
高野連では代替大会の開催ガイドラインを作成中とのことです。

高校3年生にとっては、最後の夏。

甲子園での開催がなくなっても、球児の晴れ舞台をつくるべく、出来る限りの準備を進めているといいます。

 

 

 

みんなの声は?

 

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

まじかぁ、甲子園中止かぁ…ほんと今年の高3には特別に何かしてあげたいな

 

甲子園中止かあああ
今年の予定全部潰れたやん
野球も行けるかわからんし
春夏甲子園、見に行く言うてたのにいけんし
クソつまらんな2020年

 

甲子園も中止かぁ、😶
解除の後の、気の緩みがホント心配、、🙄

 

甲子園中止の方向かー
しゃーないけど、夏の楽しみが。。
野球で高校選んだ子ら辛いやろなー

 

相次ぐインターハイ、甲子園などの中止……
今年の大会やコンクールに全てを懸けてきた学生も数多くいるだろうし、その結果を受験で活用しようとする受験生は尚更苦しいだろうなぁ
人生一度きりとも言えるチャンスを、コロナで失ってしまうなんて居たたまれないです。

 

 

まとめ

夏の甲子園、開催中止の方向で検討中。

選手も父兄も学校関係者も、きっと覚悟はしていたものの

この決定は辛い。。の一言です。

でも、選手たちの健康も一番大事。

きっと、決定する方も辛い決断を余儀なくされるのだと思います。

 

多くの大会が中止に追い込まれています。

どうか、これに負けないで欲しい。

まだまだ道は続くのですから。。

 

 

 

 





おすすめの記事