【宮崎県火災】ごみ収集車が火事 回収したごみが原因か? カセットガスやスプレー缶が原因か?

※画像はイメージです

Twitterから火災発生の情報をキャッチしました。

現場の状況を見ていきます!

 

 

 

 

火災現場について!

13日午後2時50分ごろ、宮崎市桜町で、

不燃物を回収していたゴミ収集車から火が出て、運転手が消防に通報しました。
火は約50分後に消し止められましたが、

ゴミ収集車の一部を焼き、車内のゴミはほぼ全焼だったということです。

火災の原因は?

警察では回収したゴミが原因で火事になった可能性があるとみて、出火原因などを調べています。

詳細情報がわかった段階でお伝えします。

 

けが人の情報は?

けが人の情報も出ていません。

火災ですので、逃げ遅れた方などいなければよいのですが。

火災ですので、詳細はメディアで報道されるかと思います。

情報を収集していますので、最新情報が入り次第追記していきます。

 

現場の様子は?

Twitterの声

 

 

 

 

みんなの声は?

火災に対するネットの声を見ていきます。

考えてみればとても危険な仕事ですよね。焼き鳥の串なんかも昔は無意識に捨ててましたけど、最近はしっかり追って何かにくるんで、収集の方が怪我しないように気をつけています。
爆発なんて恐ろしい。
みんなで、気をつけてしっかり分別したいですね!

 

火災になれば、収集車は配線が焼けたり油圧ポンプが動かなくなる可能性もある。
そうなると修理に時間も掛かるし費用も掛かる。
もう少し市民一人一人がゴミの分別をきちんとしないと再度こういう事が起きる。

 

スプレー缶か。中途半端に使ったスプレーって、全部ガス抜きする手間を惜しんでそのまま捨てる人が本当に多そう。それがプレスされ少しでも火花が移れば…火事になる。

巣籠もりで家庭ゴミの排出が増える今こそ、しっかりゴミの分別や出す前の処理に気を付けたいところ。

 

不燃物収集実務者です。
原因のほとんどはカセットガスやスプレー缶です。
中身が入ったままゴミで出される→回収されプレスされ破れ車内に充満する→回転板の金属摩擦で発火する→その他のゴミに燃え移り大事になる
通常はその場で吐き出しバケツを使い消火しますが、よほどボーっと運転されていたのでしょう。ボン!というびっくりするくらいの爆発音で、近所の方が飛び出してこられます。
日常茶飯事過ぎて麻痺します。

 

 

まとめ

ゴミ収集車の火災発生の速報情報でした。

火災の原因はカセットガスやスプレー缶の可能性があります。

カセットガスやスプレー缶を捨てるときには完全にガスを抜き出す作業を確認してから

捨てるようにしないととても危険です。

注意しましょう。

詳細情報が入り次第更新していきます。

 





おすすめの記事