【三重・伊勢市】赤福「朔日餅」の販売はしないで…1か月半ぶりに営業再開 

※画像はイメージです

緊急事態宣言の全面解除を受け

三重県では、1日から、県をまたぐ移動の自粛要請が一部緩和され、伊勢市では「赤福(あかふく)本店」が営業を再開しました。

 

赤福再開について

赤福再開の報道の内容は下記の通りです。

午前5時、伊勢神宮の参道にある赤福本店が、1か月半ぶりに営業を再開しました。  営業は三重県が、県をまたぐ移動の自粛要請を一部緩和したことに合わせて再開され、店の入り口には消毒液が置かれ、レジには飛沫感染を防ぐためのシートが張られました。  「休みになる前の日も1番に買いに来た。お土産にはこれが1番」(1番乗りの客)  毎月1日に販売される「朔日餅(ついたちもち)」は、6月と7月は販売せず、当面は赤福餅のみ。  店内での飲食は、出来ないということです。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/94ef093a5ffebd5a6bbc429a154199c5c2912ae7

このような報道がされています。

 

 

朔日餅とは?

赤福では、毎月1日に販売される餅があります。

朔日餅とは?
朔日餅(ついたちもち)は、三重県伊勢市に本社を置く和菓子赤福1月を除く毎月1日に販売する地域風習である「朔日参り」にちなんだもので、毎月販売する餅は異なる

そんな「朔日餅(ついたちもち)」ですが、6月と7月は販売しないということです。

 

 

伊勢市とは!?

伊勢市の人口は、約12万人です。

 

 

このような場所となります。

伊勢市は三重県中部に位置し、海に面しています。内宮と外宮という 2 つの正宮からなる広大な神社、伊勢神宮で知られています。内宮と外宮の間にある、おはらい町とおかげ横丁がありめす。

 

みんなの声は?

https://twitter.com/mukkuuu923/status/1266037484804136962?s=21

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

店内の飲食ができないとなると今年は赤福氷が食べられないのかな
それは残念だなぁ

 

赤福を日本茶と一緒に食べるんは格別やけど、たしかにあそこで客が肩寄せ合って食う光景は、今の時期には危険やな。土産で買って帰れるだけありがたいと思わなアカンな。

ちなみに大阪でも赤福は買えるで。「伊勢まではちょっと無理」っちゅう関西圏の人は県境越えが解禁になったら感染対策をしっかりしてソーシャルディスタンスも意識しながら買いに来てや。

 

地元民だけど
お土産の赤福は普通の餡ころ餅
本店で五十鈴川を眺めながらお茶と一緒に食べたら凄く美味しい
あのお茶も売るべきと思うくらい合ってる
土産しか売らないなら今年は赤福氷は無いの?

 

皆さんコロナの第二波を防ぐために、まだ自粛している方々がいらっしゃいますが、赤福本店にお客さんは来店するのでしょうか?

 

販売をしないで
とどこからかの勢力から要望があったのかと思いました。

 

 

まとめ

伊勢市の赤福再開の情報でした。

三重と言ったら、赤福。

伊勢と言ったら、赤福!

赤福餅が再開されまたしが、朔日餅は当分お預けですね。

朔日餅を買うために前日の夜から並びますからね。仕方ありませんね。

ソーシャルディスタンスを守って、赤福餅を購入してください。

 

 

 





おすすめの記事