【愛知・豊橋】国内14年ぶり狂犬病発症 来日者、フィリピンで感染か 

※画像はイメージです

愛知県豊橋市は22日、
フィリピンから来日した人の
狂犬病発症を確認したと発表した。

来日前に同国で感染したとみられる。
日本国内で人が狂犬病を発症したのは2006年以来、14年ぶり。

この情報、報道から
感染者の情報や行動歴を見ていきます。

 

感染報道について

感染者が出たとの報道は時事通信社でされた事で明らかになりました。

愛知県豊橋市は22日、フィリピンから来日した人の狂犬病発症を確認したと発表した。

 来日前に同国で感染したとみられる。日本国内で人が狂犬病を発症したのは2006年以来、14年ぶり。

 市によると、発症者は今年2月、就労のためフィリピンから来日した。経過や検査結果から、昨年9月ごろ同国で感染したとみられる。

 今月19日に医療機関から保健所へ疑い例の報告があり、国立感染症研究所で検体を遺伝子検査した結果、22日に感染が確認された。

 厚生労働省によると、狂犬病は現在、国内では発生しておらず、国内感染は1950年代が最後。06年には横浜市と京都市の男性2人が、フィリピンで犬にかまれて感染し、帰国後に発症して死亡した。 

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200522-00000087-jij-soci

日本国内で人が狂犬病を発症したのは2006年以来、14年ぶりとのことです。

 

狂犬病発症の情報は?

愛知県豊橋市で確認された狂犬病発症者の情報は以下の通りです。

14年ぶり
発症者は今年2月、
就労のためフィリピンから来日した。
経過や検査結果から、
昨年9月ごろ同国で感染したとみられる。

日本国内で感染したのではないとのこと

良かったですね!

 

狂犬病とは

狂犬病(きょうけんびょう)とは

狂犬病(きょうけんびょう、英語: rabies)は、

ラブドウイルス科リッサウイルス属の狂犬病ウイルス (Rabies virus) を病原体とするウイルス性の人獣共通感染症である[1]。水などを恐れるようになる特徴的な症状があるため、恐水病または恐水症 (英: hydrophobia) と呼ばれることもある(実際は水だけに限らず、音や風も水と同様に感覚器に刺激を与えて痙攣等を起こす)。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

厚生労働省HPより

狂犬病予防法が制定される1950年以前、日本国内では多くの犬が狂犬病と診断され、ヒトも狂犬病に感染し死亡していました。このような状況のなか狂犬病予防法が施行され、犬の登録、予防注射、野犬等の抑留が徹底されるようになり、わずか7年という短期間のうちに狂犬病を撲滅するに至りました。この事例を見ても、犬の登録や予防注射が狂犬病予防にいかに重要な役割を果たすかが理解できます。

現在、日本では、犬などを含めて狂犬病の発生はありません。しかし狂犬病は、日本の周辺国を含む世界のほとんどの地域で依然として発生しており、日本は常に侵入の脅威に晒されていることから、万一の侵入に備えた対策が重要となっています。

万一狂犬病が国内で発生した場合には、素早くしっかりと発生の拡大とまん延の防止を図ることが非常に重要となります。そのためには、犬の飼い主一人一人が狂犬病に関して正しい知識を持ち、飼い犬の登録と予防注射を確実に行うことが必要であり、そうすることによって公衆衛生の向上と公共の福祉の増進に寄与しているということを飼い主の方にはしっかりと自覚していただくことが望まれます。

 

 

愛知県豊橋市とは!?

愛知県豊橋市の人口は37.48万人です。

このような場所となり詳細な場所についての情報は出ていません。

詳細な情報はプライバシーの観点から公表はされない可能性が高いかと思います。

 

みんなの声は?

Twitterの声

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

国内発生がないために危機感が薄れていて狂犬病ワクチンを打たない犬の飼い主が増えているとか。接種率4割という話を聞いたばかり。ペットも家族と言うならちゃんと打ちましょう。

 

この弾丸型のウイルスは発祥したら致死率100%恐ろしい。インドやフィリピンの渡航は気を付けないと…。

 

うちの子は小さいからとか、うちの子は大丈夫だからとか言って、登録もせずワクチンも打たない飼い主がいるらしい。登録してなければワクチンのハガキも来ない。管理されない。友人から譲り受けたりした人は登録して無いかもしれない。狂犬病の恐ろしさをもっとマスコミで伝えた方がいい。

 

こういう滅多に出ない病気を、きちんと疑って診断できる医師のお仕事、素晴らしいです。

 

犬は持っていませんが、タヌキやリスは持っていますからね。
特にタヌキは都市近郊でも増えていますので、直接ではなくても犬などから間接的に感染する可能性があります。
ましてや庭にやってくるタヌキに餌を与える人がいますが、自業自得にならない事をお願いしたいですね。

 

 

まとめ

狂犬病ウイルスは発祥したら致死率100%恐ろしい。
インドやフィリピンの渡航は気を付けないと…。

これ以上の感染拡大を防いでもらいたいです。

感染された方が1日も早く回復する事を願います。

 

 

 

 





おすすめの記事