【北アルプス  黒部峡谷】大学生:三木康生さんが父親と登山中に水平歩道から転落! 遺体で発見された! 霧がかかり視界も悪く悪条件だったか!

※画像はイメージです

9月14日午後、北アルプス黒部峡谷の志合谷付近で

父親と登山中の大学生:三木康生さん(21)が足を滑らせ

約100メートル下まで転落。

翌日、午前8時ごろ発見されましたが死亡が確認されたということです。

 

 

報道を見ていきましょう。

 

 

事故の概要について

富山テレビの報道を見ていきます。

 

14日午後、北アルプス黒部峡谷の志合谷付近で21歳の大学生が水平歩道から転落し行方が分からなくなっていましたが、15日、遺体で発見されました。
遺体で発見されたのは千葉県習志野市の大学生、三木康生さん(21)です。
14日午後2時50分ごろ、北アルプス黒部峡谷の標高920メートル、志合谷付近で水平歩道を歩いていた三木さんが足を滑らせておよそ100メートル下まで転落したと、一緒に登山をしていた父親から警察に通報がありました。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/9e3f422e168dec7873ad767a2f36553f6d0ffa34

 

 

このような報道となっています。

 

 

 

こういう事故って本当に悔やんでも悔やみきれないですよね。
いま一番辛いのはもちろんお父さんだと思います。
今の時点で非難するのは絶対にやめてあげてほしい。。

 

 

 

 

 

状況について

富山テレビの報道によりますと・・

 

三木さんは14日、父親と入山し、2人で欅平駅から阿曽原キャンプ場に向かう途中でした。
父親からの救助要請を受け、14日に続き15日も捜索が行われ、午前8時ごろ三木さんを発見し死亡が確認されたということです。
三木さんが転落した水平歩道は岩壁を削ってつくられている道で、当時は霧がかかっていて視界が悪かったということです。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/9e3f422e168dec7873ad767a2f36553f6d0ffa34

 

 

このように報道されています。

 

 

昔は「黒部に怪我はない」と言われてきた。

安全ともとれるが本当の意味は「怪我では済まない」ということ。

 

 

 

 

 

黒部峡谷志合谷とは・・

 


このような場所となります。

 

 

 

 

 

 

みんなの声を見ていきます。

 

父親と登山なんてよほど仲良しの親子だっただろう。
目の前で最愛の息子が落下するなんてドラマで見てても顔が青ざめるんだから実際見たらとんでも無くショックだろうな。

 

 

21歳の大学生…お父さんと一緒に山登りなんて…
きっとすごく仲の良い親子だったんだろうなぁ。。。
お父さんの心が心配です・・・。

 

目の前で息子を失った父親辛いな。
辛すぎる。自分を責めないでほしいです。

 

 

霧が出ていたということは、視界云々よりも足元が濡れて滑りやすいということ。
正確な場所がどこかはわかりませんが、欅平側から行くと志合谷トンネル手前に草が茂りがちで足元がよく見えない上に、幅が狭くなってる場所があります。
ずっと岩の道を歩いてきて、急に草付きになっているようなところが危ないです。
トンネルを抜けてすぐというのも、安心感で歩行が狂うことがあります。

 

 

みんなの声Ⅱ

 

「黒部に怪我人なし」です。
行かれる方は、集中を切らすことなく歩いてくださいね。

 

黒部に怪我なし、あるのは死とはよく言うが
水平歩道から落ちたらひとたまりもないよなあ

 

いくら安全にと意識していても、何があるかわからないのが自然です。今回は視界不良と濡れた足場。
必ずリスクはありますので、
ただ、安全に帰宅出来る事を祈るばかりです。

 

素晴らしい景色を楽しめる場所ではあるが、歩行中はとにかく気が抜けない。

 

 

 

みんなの声Ⅲ

 

通ったことありますが、躓いてこけたら落ちます。
水平歩道は距離があり慣れない人の疲労はかなりあります。
猿がいたり、雨が降ると滝になる場所もあり危険。
しかし、それでも行きたくなる景色がある。ご冥福をお祈りします。

 

 

自分は黒部ダムに魅了され、小説の「高熱隧道」を読み興味を持ったので、登山家の父に連れて行ってもらったが、
「危険な場所」と認識があったので行く前に家族や知人に別れの挨拶をした。
命を落とした方は残念だが、父親も故人も覚悟はあったと思う。

 

14時50分、朝から歩いて少し疲れてお腹もすき、気をつけていても集中力がふっと揺らぐような時間帯に滑落は起こりやすいです。

 

 

 

天候が悪くて、足元の岩が滑りやすかったんだね。
ホントに恐ろしい箇所もあって、幅30cmも無いところがある。
私は断念したよ

 

 

 

 

まとめ

自然は雄大で、なにもかも受け止めてくれるような

錯覚にとらわれがちですが、

でも、油断は許してくれません。

優しいようでも、強く厳しいのが自然です。

 

真摯な気持ちで向き合わないと、事故に繋がってしまいます。

生命を落とすことだってあるのです。

 

黒部峡谷のこの事故が、そうであったとは思いませんが

私達も、いつも謙虚な気持ちで臨みたいですね。

 

亡くなられた大学生のご家族の方の気持ちを思うといたたまれません。

きっと仲良し父子だったと推察します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 





おすすめの記事