長野県南木曽町の横田邦男さんジョギング中に、クマに襲われ死亡!

※画像はイメージです

20日午前、長野県南木曽町の路上で83歳の男性が血を流して倒れているのが見つかり、
病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

傷の状況からクマなどの動物に襲われた可能性があるということで、
警察と町では周辺の住民などに注意を呼びかけています。
この報道をみてゆきます。

 

報道の概要

信州 NEWS WEBにて下記のような報道がありました。

20日午前、長野県南木曽町の路上で83歳の男性が血を流して倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが死亡が確認されました。
傷の状況からクマなどの動物に襲われた可能性があるということで、警察と町では周辺の住民などに注意を呼びかけています。

20日午前8時半ごろ、南木曽町田立の路上で近くに住む横田邦男さん(83)が血を流して倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。
警察によりますと、横田さんは朝、日課のジョギングに出かけたまま戻らなかったため家族が探したところ、倒れているのを見つけたということです。
横田さんの体には動物にかまれたりひっかかれたりしたとみられる傷が複数あったということで、警察ではクマなどの動物に襲われた可能性があるとみて、詳しい状況を調べています。
今のところ横田さんを襲ったとみられる動物は見つかっていないということで、警察や町では地元の猟友会と協力しながらパトロールを行って、周辺の住民などに注意を呼びかけています。
現場は山あいにある住宅が点在する地域で、町によりますと、ことし4月からこれまでに町内でクマの目撃情報が6件寄せられているということです。

引用https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20200620/1010013870.html

 

 

長野県南木曽町田立の路上

南木曽町田立の路上で横田邦男さん(83)が血を流して倒れているのが見つかりました

被害者は横田邦男さん(83)

南木曽町田立の路上で近くに住む横田邦男さん

病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。

横田さんは朝、日課のジョギングに出かけたまま戻らなかったため家族が探したところ、
倒れているのを見つけたということです。

横田さんの体には動物にかまれたりひっかかれたりしたとみられる傷が複数あったということで、
警察ではクマなどの動物に襲われた可能性があるとみて、詳しい状況を調べています。

 

クマに出会ったらどうすれば良いのか

①クマに出会ったらどうすれば良いのか
<人身事故はなぜ起きるか>
ツキノワグマに人を襲う習性はありません。身体は大きいのですが、大変臆病な動物で、人を恐れています。山中では昼行性ですが、人家近くでは人を恐れて、夜間や早朝などに動きます。

うっかり人間に出会ってしまうと、恐怖のあまり、人間を前足ではたいて、そのスキに逃げようとします。
これがクマによる人身事故です。

また、タケノコなどの山菜をクマが食べているときに人が近づくと自分のエサを取られまいと人を傷つけることがあります。

<人身事故を防ぐには>
◎まず一番大事なことはクマの目撃が多い場所には行かないこと。知らずに入ったとしても、クマのフンや足跡、獣の匂いを感じたらすぐに引き返すことが大事です。クマは大変臆病ないきものなので会わないようにしてあげることが一番大事です。
◎大声や笛・鈴などで、クマに人間の存在を早めに伝えること。そうすれば、クマは自分から、そっと立ち去ります。ホイッスルは軽く、音も遠方まで届くのでクマとの遭遇を回避できます。音が出っぱなしのラジオ等は、自分がクマの存在に気づきずらいのであまりよくありません。
◎うっかり出会ってしまった時は、クマをこわがらせないように、クマに優しいことばをかけながら、少しずつあとずさりして離れてやってください。怒ったり棒や石を投げたりすると、クマは人間にやられると思って、走り寄ってきて、人間をはたいて逃げることがあります。
◎クマを放獣するとき、お仕置きと称して、トウガラシスプレーを吹き付けたり、花火や棒で脅すと、クマは人間に対して必要以上の恐怖感を持つようになり、次に出会った人間に対して、パニックを起こし、人から逃げたい一心で、人身事故を起こすのではないかと予測されます。→誤捕獲グマの放獣にあたっては、何もせずにそっと逃がしてやるのがいいと思われます。

引用http://kumamori.org/index.php?cID=584

 

 

 

ネットの声

ネットの声も見ていきます。

無責任に「捕獲した熊は殺さないで!」と、言っている奴らは熊の恐ろしさを理解したかな。

 

多摩西部在住です。
子供の頃は熊なんて奥多摩や檜原の山の中でしか目撃情報なかったですが、最近は青梅の市街地近く、あきる野市、日の出町、八王子市などでもちょくちょく目撃情報あります。
生息域が狭められていることもありますが、人里近くに行けば餌にありつけることを学習してしまっているのだと思われます。
そうなると冬眠する必要すらなくなり一年中熊と遭遇する危険性が高まります。

 

今年はコロナの影響で人の出入りが少なかったからな
危険な時期に入っているのかもしれん

 

熊ってのは相当賢い動物だからねー
人間が足跡の追跡をするのをわかっていて
進んだ足跡に重ねて戻ったりできる
とんでもない生き物だし恐ろしいよ
ちゃんと住む場所は分けられるように
人間の方が工夫して暮らさないとね
町外れならまだしも
市街地に入るようになったらどうしようもない
野生の熊がやりたいと思う事を人間が優しく
やめさせる方法などないのだから
ある程度の処分は仕方ないよ。
わざわざ山奥に暮らして熊が出るって言うのは
また別としても

引用https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200620-00010002-nbstv-l20

 

 

Twitterの声は?

Twitterの声は

 

 

 

まとめ

ジョギング中の83歳が血を流し死亡、大型動物に襲われたか 、

長野県南木曽町田立の町道で、近くに住む無職横田邦男さん(83)が血を流して倒れているのを

80歳代の妻が見つけ、119番した。横田さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

早くクマが捕獲されて安心できる生活を取り戻して欲しいです。

 

 





おすすめの記事