【神戸市 神戸北鈴蘭台宅急便センター】ヤマト運輸に刃物を持った男が押し入り男女2人を切りつける! 女性が死亡! 犯行後に敷地内を車で暴走!

※画像はイメージです

10月6日午前4時ごろ、神戸市北区のヤマト運輸「神戸北鈴蘭台宅急便センター」に

刃物を持った元従業員の男が押し入り、従業員の男女2人を切りつけ女性が死亡するという事件が

発生しました。

 

報道を見ていきましょう。

 

 

事件の概要

読売新聞オンラインの報道を見ていきます。

 

6日午前4時頃、神戸市北区のヤマト運輸「神戸北鈴蘭台センター」に男が押し入り、従業員の男女に刃物で切りつけた。
女性は現場で死亡が確認され、男性は手にけがを負ったという。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/967998c720f784b822fed00be1a943b6adff7120

 

 

 

このように報道されています。

 

 

 

https://twitter.com/yujunokaorisuki/status/1313279440722378752

 

 

 

 

どこでもありえる。

退職したあと怒りが収まらなくて御礼参り行ったり放火したり、、自分だってそんな思いを何とか飲み込んで今日も生きてる。

そうならないような職場づくりをみんなでしていかないと。

 

 

 

 

状況について

◆読売新聞オンラインの報道によりますと・・

 

捜査関係者によると、男は、刃物で男女を襲った後、車でセンター敷地内を暴走。
駆けつけた兵庫県警の警察官が男を取り押さえ、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。

現場は、神戸電鉄北鈴蘭台駅の東約1キロの住宅地。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/967998c720f784b822fed00be1a943b6adff7120

 

 

 

◆テレ朝NEWS の報道も見ていきます。

 

午前4時すぎ、神戸市北区にあるヤマト運輸の 「神戸北鈴蘭台宅急便センター」で「同僚同士のけんかで包丁で刺した」と通報がありました。
消防によりますと、従業員の40代女性が腹を刺されて現場で死亡、60代の男性も左手を切られて病院に搬送されましたが、意識はあり、軽傷だということです。
警察によりますと、刺したのは元同僚の40代の男で、身柄を確保されました。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/8fcabbe4a3ca7087ddb9f404248a3263cd0efd2d

 

 

◆産経新聞の報道も見ていきます。

 

神戸市北区のヤマト運輸の配送所に男が押し入り、従業員の男女2人が死傷した事件で、兵庫県警は6日、現場近くで、警察車両に車をぶつけたとして、公務執行妨害容疑で、同区甲栄台の筧真一容疑者(46)を現行犯逮捕した。
県警によると、6日午前4時20分頃、配送所の男性従業員から「昨日解雇された職員が車でぶつけて回っている。
1人が包丁で刺された」と110番があったという。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/15d977af4ed6be996e656409e084ba26e7f35f12

 

 

 

 

このような報道となっています。

 

 

 

自分はサラリーマンをやめて配達バイトを転々としながら勉強して資格を取って仕事してるんだが、バイトの時は世間から下に見られているというだけで精神的にキツかった。
資格を取って仕事し始めたらそれだけで世間が上見にてくれるので、世間って勝手だなと日々思う。
人間にとって劣等感というのは本当に精神を破壊する時がある。
人間にとって仕事は単にお金を稼ぐというだけではない意味があると思う。

 

 

 

 

「神戸北鈴蘭台宅急便センター」とは・・

 


このような場所となります。

 

 

 

 

 

 

 

みんなの声を見ていきます。

 

今現在もセンターの中でパワハラやモラハラは当たり前に行われている!
支店長や副支店長に相談しても、何も解決してもらえない!
重鎮さんには逆らうなと言う事!
起こるべきして起きた事件!!!

 

 

なぜ彼女と彼が対象だったのか、
そもそもヤマトが対象であれば誰でも良かったのかで
随分話は変わってくる。

 

 

仕分けの場内では社員がアルバイトにきつい口調で命令するし
アルバイト同士でも「荷物をそこに置くな」などのいざこざが喧嘩を招くことがある雇用形態を問わず、言動には注意しようと採算喚起されているのに
怒鳴り散らすような人がいるためにトラブルを招いてしまう

 

 

会社に限らず人が集まるとどうやっても合わない人は絶対にいます
それが会社だと否が応でも接点を持たないといけなくなるから余計に腹が立つ、私にも『殺してやろうか』と本気で思える同僚がいました
相手にしないようにしていましたが、私の知らないところで私を貶める嘘の噂を流したり、バレないように嫌がらせをしたり、そして仲良くしていた人まで噂を信じて離れていきました(殺したくもなるでしょw)
でもそれで行動に移すと自分の人生を終了させてしまいます
私はそれに気付くことが出来たので退職しました

 

 

 

みんなの声Ⅱ

 

私も夜はセンターで1人になる時間があるから怖いな…

 

朝、いつもの曲がり角を曲がったら警察車両止まってて、しばらく身動き取れなかったのはこれか。

 

今日の朝の事件か
怖すぎるな

 

男の正体謎すぎんだけど…

 

 

 

みんなの声Ⅲ

 

やはり営業所ごとに自分には合わない人や合わないと思い込んでしまっていた人が沢山いたよ。
まぁどの会社も同じだけど!

一つ言えるのが、自分にとって苦手だと思う人には距離を置くこと!
嫌な人がいるとついその人の動きや仕草、行動を見てしまってまたあいつあそこに止めた、またタバコ吸ってる、話してばかりってつい見ることが多いからあえて見ない様にすることが大事!

 

 

同僚同士の喧嘩で刺したというが、凶器を準備してたなら完全なる計画的殺人。
マジで入館に手荷物検査した方が良いね。
まさか職場で殺されるとは思わなかっただろうな。

 

 

いじめもいやがせも受けている人にしかわからない残酷な世界がありますからね。
している側には面白い世界かもしれませんが、受けている側には我慢の限界があります。
原因と結果できちんと報道すべきです。

 

 

 

暴力は絶対にダメだけど、言葉の暴力も絶対にダメ。

肉体的なダメージはわかりやすけど、精神的なダメージってわかりにくいから、事件にもなりにくい。
明らかな脅迫行為ととれるような言動がない限りは大抵の人は誰かに嫌なことを言われても我慢しちゃうんだよね。
それでいつか爆発する。
爆発の仕方は人それぞれだけど。

 

 

 

 

 

まとめ

どこの職場でも、我慢できないことや恨みに思うこともあるでしょう。

実際、事件も多々起きていると思われます。

 

職場では、さまざまな能力の人が同じ仕事をしていたりします。

要領のいい人・悪い人。口のウマい人と下手な人。

自分をよく見せたいがために他の人の足を引っ張る人。

 

そのような中でも、仕事は着実にこなしていかないと仕事を失うことにも

なりかねません。

 

今回の事件の背景にはどのようなことがあったのでしょうか。

きっと一言では言えない積もり積もった苦しみもあったのかもしれません。

 

刃物を持ち出す前に、仕事を退く勇気も必要な気がします。

 

 

 

 

 

 

 





おすすめの記事