【香川照之】 香川照之さんの昆虫愛が絵本に! 新刊:自然教育絵本シリーズ!

※画像はイメージです

香川照之さん、昆虫がお好きなのは知っておりましたが、こんなにお好きだったんですね。

昆虫に対する深い愛が溢れている自然教育絵本です。

昆虫が好きなでたまらない子どもたちにはうってつけの絵本です。

さらに昆虫デザインの服育ブランド「Insect Collection」のプロデューサーも努めているそうです。

 

絵本「INSECT  LAND(インセクト ランド)」には香川さんの昆虫愛で溢れている

香川さんの想いは「子どもたちに昆虫の世界の多様性、自然界の豊かな姿を伝えたい」と昆虫や自然への愛が溢れています。

絵とキャラクターのデザインは、フランス出身のアニメーションディレクター:ロマン・トマ氏が手掛けているそうです。

シリーズ1作目は、ヒメボタルの男の子、アダムくんのお話になっています。

昆虫たちの心あたたまるエピソードには、生きる力を育むヒントが隠されているようです。

 

この「INSECT  LAND」シリーズを読んで生きものたちとの共存・そして地球の未来について考えてみませんか?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200501-00023072-mimollet-ent&p=2

 

香川照之さんコメント

人間が、昆虫をはじめとする他の生き物たちと共存できる未来を紡いでいくには、永続的に森や海、川や大地が保全されていなければならないと思っています。

昆虫の生態を可愛らしく、キュートに、そしてユーモラスに描くことによって、現代っ子たちであっても彼らの存在を身近に感じ、感心し、実際に手に取って彼らを見たい!と思い、大いなる自然体験へと出掛けていくきっかけになれば幸いです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200501-00023072-mimollet-ent

 

香川さんのコメントには生きものに対する尊敬の念も感じられますね。

 

 

 

 

インスタの反応

 

 

 

Twitterの声

 

 

 

プロフィール

香川照之さんはもともと俳優になるつもりはなく、TBSの緑山スタジオで数ヶ月、ADのアルバイトをしていました。

連日怒られ通しだったが、後輩として入ってきた新米ADには「でかい顔をして」かなり横柄に弁当の配り方などをおしていたそうです。

その人物がのちの映画監督の行定勲さんで、その後監督と俳優として起用された際にきっちりと復讐されたと語っています。

20代の頃は何となく俳優を続けていましたが、『静かなるドン』の撮影時、監督の鹿島勤さんから100回のNGを出され、それ以来、真剣に演技に向き合うようになったそうです。

「別名義:九代目市川中車」です。

引用:wikipediaより

 

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

昆虫愛あふれる香川照之、はじめての絵本『INSECT LAND』がネット書店で売り切れ続出!

 

カマキリ先生が書いた絵本 虫の生態に絡めた心が温まる素敵な蛍の物語。 最近読んだ本の中で最高なのでシリーズ全部揃えたい!

虫は苦手だけど、照之さんが好きなので、昆虫すごいぜ❗️は大好きな番組です。

 

カマキリ先生とウエスティ…最強コンビやん(笑)

 

新作ですか

これはうれしい

まとめ

香川照之さんは俳優・歌舞伎役者・実業家・ボクシング解説者・タレント・司会者でもあります。

多彩な能力を発揮して、今度は昆虫愛にあふれる自然教育絵本を出されました。

カマキリ先生としも有名です。

絵本も子どもたちに大人気になるのではないのでしょうか。

 

また、欲深かな役からお茶目な役までこなす俳優としても、楽しませてくれます。

 

大人から子供までの心を、しっかりつかんで離さない香川照之さんですね。

 

 

 

 





おすすめの記事