【板橋区  成増】コンクリートの壁の補強工事中、突然壁が崩れる! 作業員1人が下敷きとなり死亡!

※画像はイメージです

9月29日午前、東京:板橋区の工事現場で突然壁が倒れ

近くにいた作業員が下敷きとなり死亡するという事故が発生しました。

 

 

報道を見ていきましょう。

 

 

 

事故の概要について

「テレ朝news」の報道を見ていきます。

 

29日正午前、東京・板橋区の工事現場でコンクリートの壁が崩れる事故がありました。
作業員の男性1人が下敷きとなり、救助されましたが死亡しました。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/5045a1a1c40557f37ae3ab174dd4291882bb65b5

 

 

 

このような報道となっています。

 

 

 

建築現場はまだまだ人が死ぬ。
人が死ぬことが前提とまではいわないけど
危険な事は大前提。怪我と弁当は自分持ちなんて時代は
終わってる。
危険を100%除去する事は出来ないけど
それへの補償や危険手当などは
建築業界はもっと手厚くても良いと思う。
それが薄いことが人材が残らない理由なんだと思う。

 

 

 

 

状況について

「テレ朝news」の報道によりますと・・

 

警視庁などによりますと、午前11時半すぎ、板橋区成増の工事現場で「壁が倒れた。作業員が埋まっている」と通報がありました。
住宅を建設するため、コンクリートの壁の補強工事をしていたところ突然壁が倒れ、近くにいた作業員の男性1人が下敷きとなりました。
男性は29日午後に救助されましたが、現場で死亡が確認されました。
また、この男性を重機を使って助け出そうとした男性作業員1人が頭を打ち、軽いけがをして病院に運ばれました。
警視庁などが事故の原因について調べています。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/5045a1a1c40557f37ae3ab174dd4291882bb65b5

 

 

このように報道されています。

 

 

なんとも痛ましい。

事故を100%防ぐことは無理かもしれないが、出来る限りの安全対策は徹底してやってほしいと、すべての工事関係者に願う。
このような悲しいニュースがひとつでも減りますように。

 

 

 

 

 

板橋区成増とは・・

 


このような場所となります。

 

 

 

 

みんなの声を見ていきます。

 

安全第一って、昔から比べたら、徹底された面はあるとは思う。
事前のリスク発見のための工夫、ハットヒヤリ対策とか、朝礼時の確認、休憩、熱中症対策、補償·保証や責任の明確化もかつてよりは進んだとは思う。
一方、現場である以上リスクはゼロにはできない。

 

 

私自身も建設業に携わっていますが、携わってみて感じたこと、それは、今自分のいる建物、周りにある建物(都会ならビルなど高層の建物)を、全て人の手で作り上げているということです。
勿論、クレーンなど作業上必要な人力以外の手を借りることも大前提ですが、鉄骨の建物も木造の建物も鉄筋コンクリートの建物も主軸となる作業(柱と梁の結合など)は全て人の手によって行われています。
常に危険と隣り合わせで、現場作業員が真夏の炎天下の中でもヘルメットを被っているのはその為です。

 

遠目からしか分からないけど、建物の壁というよりは土圧を背負っていた擁壁が崩れて生き埋めになったというのに近いのかな。
古い擁壁には技術基準通りではない施工をしているものも少なくない。

 

 

今の若い子は現場仕事絶対にしない。
だよな。と思う。
けど、本当に大変な仕事。
本当にありがたい方々だと思う。

 

 

みんなの声Ⅱ

ネットの声も見ていきます。

どんなベテランでも安全に絶対は無いからね。

 

危険な作業をしていると分かっていても、目上の人や短気な人には注意出来ずに危険なまま作業をしている人は数多くいるでしょう。

 

現場では安全第一という謳い文句はある。
そしてそれは、全ての作業で優先する。といいますが、
現実的には無理もある。

 

技術的に低下もあるでしょう。
教えたくても伝わらないし。
類似の事故は、今後も増えていくかもしれません。

 

 

 

みんなの声Ⅲ

 

事故が起こる度に対策を追加してきた結果、全く意味の無い対策だらけで無駄に時間を取られている
それでも工期はどんどん短くされる

 

 

若い頃に三年ばかり建設現場で働いた経験があるが、今生きているのは運が良いだけだったと思っている。
危険を感じながらもやらなければならない場合がほとんどだからね。

 

現場仕事はリモートで作業はできないからな。
自粛要請期間だって医療従事者はスポットが当てられていたけど、
建築などの現場で一生懸命働いても報道もされない。

 

 

 

正午過ぎに、環状七号線を複数の大型消防車や重機を積載した消防車が全速力で走行していたのが分かりました

 

 

 

 

 

 

まとめ

工事現場は危険と隣り合わせなのですね。

まだまだ、実態を知らない仕事がたくさんあります。

仕事と名がつけば、無理をしてでも頑張り続けなければならない・・

仕事って何なのでしょう。

明確に答えられる人などいないかもしれません。

 

痛ましい事故です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





おすすめの記事