【広島コロナ】三次市(みよしし)で新たな感染者! 職業非公表・感染経路も不明で不安つのる!

※画像はイメージです

広島県三次市での新たな感染者について、職業非公表・感染経路不明で市民の間には不安が広がっているようです。

ゴールデンウイークに入り、東京では感染者数が少し減少してきたイメージがあるのですが全国的にはまだまだ油断はできない状況です。

 

そんな中、広島県三次市(みよしし)でも1人の感染が新たに確認されました。

感染者の情報や行動歴を見ていきます。

 

感染報道について

感染者が出たとの報道は下記の通りです。

 

新たに感染が確認されたのは、三次市に住む60代の女性です。女性は、今月15日から微熱が続き、22日には38℃を超える発熱がありました。その後も症状が改善されないことから27日に検査を行い、翌日、陽性と判断されました。

 女性は発症後、自宅で療養していて、県外への外出はなかったということです。

 県によりますと、現時点で三次市の通所介護施設で発生したクラスターとこの女性との関連は確認できておらず、詳しい感染経路はわかっていません。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-00546600-rccv-l34

このような報道がされています。

広島県ではこれで155人の感染確認となります。

 

感染者の情報は?

広島県で確認された感染者の情報は以下の通りです。

県内155例目
年齢:60代
性別:女性
職業:非公表
住所:三次市

同居家族・濃厚接触者の情報は今のところ分かっていません。

 

 

症状歴・行動歴は?

感染された方の症状歴は以下の通りです。

 

4月15日:微熱が続いていた

4月22日:38度を超える発熱

その後も症状の改善されず

4月27日:検査

4月28日:陽性確認

 

このような情報が出ています。

 

行動歴

女性は発症後、自宅で療養していて県外への外出はありませんでした。

※現時点で三次市の通所介護施設で発生したクラスターとこの女性の関連は確認できていません。

詳しい感染経路は不明です。

 

一言コメント

広島県では・・

「我々としては、感染経路がわからないのは非常に不安。

(感染経路が)どこから来たのか、他にうつした可能性がないのかも含めて、しっかりと調査したい。」

とのことです。

 

確かに、どこから来て、その後どこかへうつってしまったのかどうかは非常に気になるところです。

感染者の人数が増えれば増えるほど経路不明の事例も増えていくのかもしれないです。

生活していれば、何かしら移動することはありますし感染したからと言っても、目に見えないウイルスを追うのは難しいことです。

 

 

 

 

広島県三次市とは!?

三次市の人口は約50800人です。

ブドウの栽培が盛んで、大量の規格外のブドウ活用のためにワインが生産されています。

1994年には広島三次ワイナリーが開業し、それ以来観光客が増え続けています。

広島県内陸部を代表する観光都市です。

このような場所となり詳細な場所についての情報は出ていません。

詳細な情報はプライバシーの観点から公表はされない可能性が高いかと思います。

 

みんなの声は?

https://twitter.com/yuu_tukisima/status/1255468223031586817

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

山陽と山陰を結ぶ交通の要地として栄えた広島県北部の都市 三次市→みよしし

 

コロナ落ち着いて、広島帰ってくることあったら会いたい

 

コロナ落ち着いたら広島遊びに来てくださいね!!牡蠣美味しいですよ!!

 

自分はかからないなんて夢見てる場合じゃない!

 

世界が狂い始めている。

 

 

まとめ

三次市の感染者の情報でした。

こんな閉塞感のある今、なにかを発信したいと思っても

わたしに出来ることは ”おうちにいることだけ”

でも、それがみんなの役に立っていると思いたいです。

これ以上の感染拡大を防いでもらいたいです。

感染された方が1日も早く回復する事を願います。

 

 

 

 





おすすめの記事