【原因は】「転落死レッサーパンダ」 札幌市円山動物園で何があったのか?

※画像はイメージです

 札幌市円山動物園は7月22日、シセンレッサーパンダの「ギン」(メス、8歳)が死んだことを発表しました。

高さ2メートルほどの枝から足を滑らせて落下したことが原因とみられています。

この報道をみてゆきます。

 

概要

UHB 北海道文化放送により下記のような報道がありました。

 札幌市円山動物園は7月22日、シセンレッサーパンダの「ギン」(メス、8歳)が死んだことを発表しました。

高さ2メートルほどの枝から足を滑らせて落下したことが原因とみられています。

 円山動物園によりますと、22日午後3時44分、飼育員が室内展示場の床で横になって動かないギンを発見。駆けつけた獣医師により死んだことが確認されました。

ビデオを確認したところ、午後3時28分に高さ約2メートルの枝から足を滑らせて落下したことがわかりました。

 解剖の結果、顕著な出血や骨折は認められず、落下による「ショック死」だとみられます。

 「ギン」は7月4日にも、室内の可動式のつり橋に飛び移ろうとして観覧スペースに落下していましたがケガもなく、22日朝も日中も元気に動き回っていたということです。

 円山動物園の加藤修園長は、「大切な動物を死亡させてしまい大変申し訳ございません。動物舎の状況も含め、シセンレッサーパンダの飼育環境をしっかりと確認し、同様のことが発生しないように、対策を行ってまいります」とコメントしています。

 円山動物園では、23日朝から動物園センター受け付け前に献花台を設置することにしています。

引用https://news.yahoo.co.jp/articles/ce23b29d4dc4b7744c869865cf72230359619bd1

 

 

札幌市円山動物園

札幌市円山動物園の場所は

 

 

シセンレッサーパンダとは

分布 インド北東部、中国(四川省西部)、ネパール、ブータン、ミャンマー北部に分布しています。

標高1,500~4,800mにある温帯・亜熱帯の森林や竹林に生息します。

特徴 尖った耳と太く長い尾をもっており、尾には淡い褐色のリング模様があります。

腹側は黒い毛で覆われており、樹上にいると保護色となり、地上にいる肉食獣に見つかりにくくなると考
えられています。

足の裏全体を付けて歩く蹠行性なので、後足だけで立つこともできます。

夜行性(薄明薄暮性)で、昼間は樹上で眠っていることが多く、単独で行動をします。

糞尿のほか、肛門の周辺にある臭腺でマーキングし、縄張りを主張し、前足の種子骨が指のような突起に変化し、指と向かい合っているため物をつかむことができます。

成獣の体長は60cm前後、体重は4~7kgで交尾期は1~3月、妊娠期間は90~168日、一度に1~2頭を出産します。

出生時の体重は100~150g、体長約15cmと非常に小さいですが、成長は早く5か月程度で離乳し、約18か月で性成熟をします。

食性 竹や筍のほか、小型哺乳類、鳥類の卵、昆虫、動物の死骸、果実等
寿命 野生下:約8~10年 飼育下:約10~20年
減少の理由 森林伐採や単一種の植林、焼畑等による生息地の破壊、毛皮・ペット目的の密猟や狩猟等により生息数は減少しています。

野生での生息数は5,000頭以下と推測されており、日本の動物園で飼育されているほとんどはシセンレッサーパンダとなっています。

その他 レッドリスト:EN(IUCN2015) CITES:付属書1

レッサーパンダの分類については、形態学、分子生物学、行動学そして生態学などいろいろな方法で調べられています。
クマ科、アライグマ科、パンダ科、レッサーパンダ科と諸説あるのですが、(社)日本動物園水族館協会では、レッサーパンダは現在レッサーパンダ科に分類しています。

画像:立ち上がるレッサーパンダのココ画像:レッサーパンダのココです。

引用 https://www.city.sapporo.jp/zoo/b_f/b_04/db002.html

 

Twitter上の反応意見は?

ネットの声

ネットの声も見ていきます。

>大切な動物を死亡させてしまい申し訳ない

でもこれは不可抗力だよね…。関係者も動物も気の毒だ。
自然の環境に近づけるなら木は欠かせないだろうし、それを危険だから撤去というのも違うし。

 

立場上園長さんが謝る事も仕方ないのかも知れないけどなんかつらいな。
客の自分らなんかよりよっぽど愛情もって毎日接してるはずだし悲しいのは動物園側の方が絶対上なのに。
亡くなった子を教訓にして元気なレッサーパンダをまた見せて欲しいです。

 

この事故だけなら「悲しいけれど不慮の事故」といえるかもしれないですが…円山動物園ですか…。平成27年にマレーグマ暴行死で異例の改善勧告を受けたところですよね。(このマレーグマの件以前にも確認されているだけで8件程度の動物同士の喧嘩もしくは一方的な暴行、施設不備による死亡事故が発生していました)現在もまだ施設の改善や人材育成など対策をしているさなかとはいえ、やはり他の動物園にはないような死亡事故が起き続けている動物園という印象がどうしてもぬぐえません。
野生動物を飼育することの難しさは想像以上のものだと思います。動物園自体を否定する気はありませんが、日本は狭い国土にもかかわらず世界で二番目くらいに動物園の数が多い国です。水族館なども含め、今一度そのあり方や運営方法をきちんと見直していただきけたらなと感じました。
最後にギンちゃんのご冥福をお祈りいたします。

 

レッサーパンダの室内展示場はどこの動物園も床はコンクリートでクッション性がまったくない。
室内がコンクリートなのは掃除のしやすさに重きを置いた人間本位の考え方。
またレッサーパンダが爪がかけやすい木の選定や設置角度、枝の本数やその有無など事前に検討すべきことはたくさんあった。
本来単独生活のレッサーパンダも多数飼育の場合だと遊び好きであるためかなり行動的になるので本人の意図しないことも十分起こりうる。
絶滅危惧種やワシントン条約で規制されている動物の飼育が特別に許されている動物園だからこそ素人とは違った視点で高度な管理が必要なはず。

 

引用https://news.yahoo.co.jp/articles/ce23b29d4dc4b7744c869865cf72230359619bd1

 

Twitterの声は?

 

 

まとめ

円山動物園によりますと、22日午後3時44分、飼育員が室内展示場の床で横になって動かないギンを発見。駆けつけた獣医師により死んだことが確認されました。

ビデオを確認したところ、午後3時28分に高さ約2メートルの枝から足を滑らせて落下したことがわかりました。

 解剖の結果、顕著な出血や骨折は認められず、落下による「ショック死」だとみられます。

シセンレッサーパンダ木登りは得意だと思っていたので

とてもショックです!





おすすめの記事