【公衆トイレ】都営新宿線・船堀駅公衆トイレの液体石けんが劇薬にすり替えられる!犯人は?悪質ないたずらか?

※画像はイメージです

東京・江戸川区の公衆トイレで、新型コロナウイルス対策として設置されていた液体せっけんが、強い酸性の液体にすり替えられていたことがわかりました。

区が区内の公衆トイレのせっけんを回収しました。

 

概要

事件の詳しい内容は下記の通りです。

江戸川区によりますと、16日午前8時半すぎ、都営新宿線・船堀駅前にある区が管理する公衆トイレを利用した人から「液体せっけんを使ったら手がピリピリした」と連絡がありました。

区が確認したところ、新型コロナウイルス対策として設置したポンプ式の液体せっけんのうち、男子トイレに置かれていたもの1つが、別の容器に入った液体にすり替えられていたということです。けが人は確認されていません。

相談を受けた警視庁が中身の確認を進めていますが、容器に入っていたのは強い酸性の液体だったということです。
このため江戸川区は区内で駅の近くにある公衆トイレ12か所に設置した液体せっけんをすべて回収するとともに、そ
のほかの公衆トイレでもせっけんを使用しないよう呼びかけています。

これまでのところ、ほかにすり替えは確認されていないということです。
警視庁は、何者かがせっけんを別の液体にすり替えたとみて詳しいいきさつを調べています。

引用元:www3.nhk.or.jp

 

 

 

 

現場

場所は、江戸川区の都営新宿線・船堀駅前にある公衆トイレです。

 

 

 

犯人は?

犯人の詳しい情報は出ていません。

公衆トイレのせっけんを、強い酸性の液体にすり替えるなんて悪質ですね!

 

ポンプ容器の形状が異なる

ポンプ容器の形状が、区が設置したものと違っているようです。

中身だけでなく、ポンプごとすり替えられていたんですね!

 

ネットの声

ネットの声も見ていきます。

トイレの内部には防犯カメラがないから、この手の犯罪はあり得る。
このようなものを置かない方がいいだろう。
強酸性というのは塩酸か硫酸かな。
化学系の研究室では普通に置いてある。
トイレの外の防犯カメラの映像から、人物を割り出すのは可能かもしれない。

 

以前は水洗いだけだったけど、今は意識してお店のトイレでもハンドソープがあれば使ってる。

これは怖いな
それにしても何がしたいかわからないけどよく思いつくね、こんなこと
無差別テロに等しいからきちんと捜査してもらいたい

 

やっぱりこういうことも起きてしまうんですね。消毒ジェルだけでなくハンドソープも自分用を持ち歩かないと安全は守られないのでしょうか。

 

例え生死に関わる液体でなくても、その可能性が恐ろしい。厳罰に処し、二度とこんなことをやろうと思う人がでないようにして欲しい。
この機会に、防止策も念入りにお願いします。

 

 

 

Twitterの声は?

 

まとめ

江戸川区の都営新宿線・船堀駅前の公衆トイレのハンドソープがすり替えられていた事件でした。

コロナで手洗いも呼びかけられている中の悪質な行為ですね!

早く、犯人が捕まって欲しいです。

 

 





おすすめの記事