藤井聡太七段、最年少タイトル挑戦記録(17歳10ヶ月20日)を31年ぶり更新 !

※画像はイメージです

将棋の高校生棋士・藤井聡太七段(17)が4日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第91期棋聖戦挑戦者決定戦・永瀬拓矢2冠(27)=叡王、王座=に後手で勝ち、渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=への挑戦権を獲得しました。

タイトル挑戦の最年少記録を31年ぶりに更新する偉業を成し遂げました。

 

藤井聡太七段の新記録とは?

従来の記録は屋敷伸之現九段(48)が1989年度の第55期棋聖戦で中原誠棋聖(当時)に挑戦した時の17歳10か月24日。藤井七段は8日の5番勝負第1局の時点で17歳10か月20日のため、従来の記録を4日更新する。

 大一番の相手となった永瀬2冠は現在の将棋界を代表する実力者。将棋に対するストイックな姿勢から「軍曹」の異名があり、藤井七段とは定期的に練習将棋を指す間柄だが、公式戦では本局が初手合だった。

引用元:news.yahoo.co.jp

 

 

前記録保持者の屋敷伸之九段(48)、師匠・杉本昌隆八段(51)らのコメント

前記録保持者の屋敷伸之九段(48)のコメント

藤井聡太七段、タイトル挑戦おめでとうございます。タイトル戦でどのような将棋を指すか、楽しみにしています。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/b941f42732b384613e75b44bb768c50c0bdaf301

師匠の杉本昌隆八段のコメント

社会や日々の生活が大きく変化していく中、集中力を持続させて見事に新記録を達成してくれました。将棋が指せる幸せや感謝の気持ちを忘れず、五番勝負も全力で戦って下さい。師匠として楽しみにしています。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/b941f42732b384613e75b44bb768c50c0bdaf301

 

渡辺棋聖との5番勝負へ

デビューから3年半の月日をかけて辿り着いた大舞台。5番勝負では、羽生善治九段(49)らと平成後期から棋界の頂点に君臨し続ける渡辺棋聖に挑む。  最強棋士に立ち向かうことになるが、昨年2月の唯一の直接対決は藤井七段が制している。挑戦に続き最年少タイトル奪取を目指す天才少年の勝負はさらに注目を集めそうだ。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/40d25ae3d73d2bc99d194a2824450e66a121ef9c

 

 

 

Twitterの声

 

プロフィール

プロフィールを見ていきましょう。

藤井 聡太(ふじい そうた、2002年7月19日 – )は将棋棋士杉本昌隆八段門下。棋士番号は307愛知県瀬戸市出身名古屋大学教育学部附属高等学校在学中(2018年4月 – )

 

 

 

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

藤井先生おめでとうございます。毎日憂鬱なニュースがあふれる中、嬉しいニュースです。序盤の永瀬先生の攻めも凄かった。

次は現役最強の渡辺先生ですが、実は藤井先生が1勝0敗。2人とも応援しています。

 

終盤までなかなか差がつかずに、内容も素晴らしい将棋でした。実力ではトップクラスなので、タイトル挑戦は時間の問題だったかも知れませんが、ついに歴史を作りましたね。

 

ずっと永瀬さんが指しやすそうだったけど、
途中で逆転してすごい将棋だった!

おめでとう!
棋聖戦頑張ってください!!

 

快挙ですね!
強敵永瀬2冠相手に中盤までは苦戦を強いられましたが、最後に押し切りました。
失う物は何も無いでしょうから、思い切りタイトル戦に望んでください。

 

名局賞レベルの戦いだった。どちらが勝ってもおかしくない熱戦だった。あとは、天変地異でもあって棋聖戦か再延期にでもならなければ、最年少タイトル挑戦記録達成か。おめでとう。

 

 

まとめ

藤井聡太七段の新記録の話題でした。

最年少タイトル挑戦記録、本当におめでとうございます!

渡辺棋聖との5番勝負も頑張ってください!

 

 

 

 





おすすめの記事