【新しい生活様式】専門家会議で示された ”新しい生活様式” とは?

※画像はイメージです

コロナの影響はこんなところにまで及んでいます。

諮問委員会の前に開かれた専門家会議で実践例が示されました。

「新しい生活様式」です。

新型コロナウイルスの感染拡大と社会経済活動を両立させるうえで実践する必要があるといいます。

 

その内容を見ていきます。

 

「新しい生活様式」の報道について

「新しい生活様式」の報道は下記の通りです。

 

具体的には、外出はマスクを着用、遊びにいくなら屋内より屋外を選ぶ、人との間隔はできるだけ2メートル、最低1メートル空ける、手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う、発症したときのため誰とどこで会ったかメモしたりスマホの移動履歴をオンにするなどとしています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200504-00000139-nnn-bus_all

このような報道がされています。

感染拡大を防ぐとともに新たな段階を見据えてのことでしょうか。

 

提示された「新しい生活様式」とは・・

専門家会議で提示された「新しい生活様式」の情報です。

「新しい生活様式」の提示例
◎外出はマスクを使用
◎遊びに行くなら屋内より屋外
◎人との間隔は出来るだけ2メートル、最低でも1メートルあける
◎手洗いは30秒かけて水と石鹸で丁寧に洗う
◎発症した時のため誰とどこで会ったかメモしたりスマホの移動履歴をオンにする

この「新しい生活様式」は、新型コロナウイルスの感染が始まったころからずっと言われ続けていることですね。

この、生活様式をこれからも続けていくことが必要だということでしょう。

 

 

日常生活では・・

日常生活についても実践例を提示しています。

 

日常生活においての提示例
◎買い物は通販や電子決済を利用し、計画を立てて素早くすます
◎食事の際には料理に集中、おしゃべりは控えめに
◎公共交通機関を利用する際は混んでいる時間帯を避けると同時に徒歩や自転車利用も併用する
◎スポーツなどで人とすれ違う時は距離をとるマナーを心がける

 

専門家会議では、このほか社会経済活動を再開するにあたっては業種ごとに感染拡大を予防するガイドラインをつくり、創意工夫することを強く求めています。

※遅くとも、おおむね2週間程度経過した時期に最新の分析を行うとしています。

 

 

一言コメント

この新型コロナウイルスの感染拡大が、いろいろな面での変化をもたらしています。

オンライン会議、オンライン飲み会、オンラインでの名刺交換・キャッシュレスなど

多方面にわたっての変化が、新型コロナウイルスの感染が収束された後もそのままの様式での生活になっていくのかもしれません。

 

まだまだ不確かなことですので一概には言えませんが、確実に変わってきている感も否めません。

 

 

 

 

「新しい生活様式」Twitterから・・

 

 

 

 

みんなの声は?

https://twitter.com/dq10_pucipuri/status/1257254287421214720

ネットの声

ネットの意見も見ていきます。

飲食店で前からよく見かけてたカップルか横並びで座ってイチャイチャしながらご飯を食べるスタイル
店で何やってんだよとか思ってたけど新しい生活様式をこうなると見越して取り入れてたんだね

 

新しい生活様式とは、今までの感染防止対策を、限定的運用から恒久的運用に切り替えたという理解でOK?
元に戻す時は「古き良き生活様式」を提言するのかな。

 

新しい生活様式って小6の時に社会の資料集で見た縄文時代→弥生時代を思い出したww

 

新しい生活様式って何?
もうライブに行くこともカラオケに行くことも今後叶わないって言うの?

 

東京の接触8割削減が解かれないのも当然だわ。この人たちには新しい生活様式とか関係ないんだろうな。

 

 

まとめ

「新しい生活様式」の情報でした。

ネット上では、それぞれの感じ方が垣間見ることができます。

新型コロナウイルスは、もう日本中で(世界中でも)共通の大きな関心ごとです。

 

一日でも早い収束を願います。

 

 

 

 





おすすめの記事