12日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)でのコメントにネットで騒がれています。

その内容とは

「先生方の間でバブルじゃないですか?」

この一言がきっかけとなりネットでは様々な事が言われています。

それでは見ていきます!

 

 

放送の様子は!?

報道の様子はTwitterで上がっています。

●先生方はものすごく今忙しいでしょう?

●先生方の間でバブルじゃないですか?

このような発言がありTwitterを中心に様々な事が言われています。

 

 

 

大火事が始まった!?

この番組の中でテレビなどで再三耳にする「オーバーシュート(感染爆発)」について、「すでに起きているのか」とスタジオメンバーからの質問がありました。

この質問に対し、北村氏は

「もう始まってます」と即答しています。

この他にも

●放っておけばどんどん拡がっていくので、対策が必要です

●爆発始まっちゃいました、って感じですね

●火事で言うと大火事が始まったっていうこと

このような回答もありスタジオでは騒然としている様子でした。

 

 

 

分岐点は6000人!?

1日あたりの新規感染者数が、およそ6千人に到達するあたりが、その分岐点となると話しています。

ここまでに人と人の接触が8割減を実現できるかどうかがポイントになるとの事です。

接触8割減が出来ずに6000人を超えた場合8000・・1万人と爆発的に感染する可能性があると話していました。

ただ朗報としては8割減を実現し6000人を迎えた場合には一気に収束の道もあるとの事です。

あくまでも番組内での内容にはなりますが、ここから接触を控えるなどしっかりとした対応が求められるのかもしれません。

 

 

それでも難しい自粛・補填の問題

政府は自粛要請ばかりで、補填はしない方針である事が問題の1つではないでしょうか?

大野元裕埼玉県知事は11日、新型コロナウイルス対策で緊急事態宣言が出された7都府県と内閣府とのテレビ会議が行われています。

この中で問題としては

世界のどの国も休業補償を行ってはいない

この一言に尽きるのはないでしょうか。

補填なくして休業となれば倒産の率が増えるのはないでしょうか?

雇用調整助成金については上限があり全額ではないですし、あくまでも人材に対しての話で、固定費【家賃・借入返済・維持費】など様々な問題があります。

独自で10万~100万の補填をする自治体は出てきてはいますが、それはあくまでも一時的な部分であって経費をまかなえるほどではないとの声が多く出ています。

ネットでは2週間の自粛を国として行いその2週間分の補填が一番安く、早く収束する方法ではないかとの声が多く出ています。

確かにダラダラとこのまま数カ月から1年などと収束に向かわなければどこかで覚悟を決める2週間は効果的ではないかと感じます。

 

 

みんなの声は?

アッコにおまかせについてはTwitterで様々な事が言われています。

 

 

最後に!

番組では専門家の話も聞けここからが6000人までの過ごし方が一つのポイントである事には納得させられます。

一度考えを改める必要があるのではないでしょうか・・・。

 





おすすめの記事